中国「猛毒食品」に殺される
作者名 :

1巻配信中

価格 648円 (税込)

百貨店、ホテルからスーパー、ファストフードまで!「偽装中国産」のカラクリを暴く!流入実態から中国汚染最前線まで徹底取材&解説。下水油、カドミウム米、薬漬け鶏肉…日本にも、すでに流入している!?毒ギョーザ事件のほとぼりが冷め、一転して輸入増加傾向にある中国産食品、表示義務のない加工品に多くの“毒”が隠れていた。

ジャンル
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
SPA!BOOKS新書
ページ数
190ページ
電子版発売日
2014年03月17日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

中国「猛毒食品」に殺される

Posted by ブクログ 2014年06月29日

猛毒食品について知りたくて読書。

知りたかったのは3つ。重金属、下水油、日本の検査状況。

本書の内容も中国の現実の一面。

タイや台湾では屋台で食べるが、中国では口にしないのは周りの知人も含めて共通認識。私の知人の大連人たちもほぼ口にしない。

後半に少し触れられているが、客に出す料理と自分たち...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

中国「猛毒食品」に殺される

Posted by ブクログ 2014年01月21日

中国産の食品が怖いのは、「毒ギョーザ事件」で日本人に染み付いたはず。ただし、喉元過ぎれば熱さを忘れる我々は、なんとなく口にしている現実に気づいていないらしい。どれだけ有害な食品や商品を価格だけに惹かれて身近な存在にしているのだろうか。
下水油のルポを読んでいたら気持ち悪くなりました。
中国の食品を知...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

中国「猛毒食品」に殺される

Posted by ブクログ 2015年06月09日

食卓を支配する中国食品。
下水道油は衝撃的。自分がルールを守っても他が守らないと倒産してしまうという資本主義の極みみたいな利潤追求の結果であると説く。

このレビューは参考になりましたか?