思想・言論界のみならず、日本社会をリードし、動かし続けてきた「ゴーマニズム宣言」。二十世紀最後の十年間はまさに「ゴー宣」の時代だった。直観知の巨人・小林よしのりが放つ全四十八章には、差別、宗教、個と公、国家、戦争……のちに社会現象を巻き起こす様々な主要テーマの萌芽がすでに見てとれる。神話の幕開きを飾る第一巻、待望の電子書籍化!

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
ページ数
187ページ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • ゴーマニズム宣言1
    完結
    通常版 1巻 468円(税込)
    思想・言論界のみならず、日本社会をリードし、動かし続けてきた「ゴーマニズム宣言」。二十世紀最後の十年間はまさに「ゴー宣」の時代だった。直観知の巨人・小林よしのりが放つ全四十八章には、差別、宗...
  • ゴーマニズム宣言2
    完結
    通常版 2巻 468円(税込)
    はっきり自分の考えを言うと、なんでこんなにおどし脅迫が来るのだ!?(第四十九章「絶対個の彼方へ」より)――第二巻で「ゴー宣」はいよいよ「戦記」の様相を呈してくる。宗教団体、論壇、マスメディア、政界...
  • ゴーマニズム宣言3
    完結
    通常版 3巻 468円(税込)
    テーマは“自主規制と闘う”! 皇室タブーに触れたとして、連載誌で掲載不可となった「カバ焼きの日」、その顛末のみならずマスコミに“表現の自由”などないことを暴いた「表現の不自由」、表現することの怖れ...
  • ゴーマニズム宣言4
    完結
    通常版 4巻 468円(税込)
    わしはミスを恐れない。ゴーマンだからこそわかる真実がある。わしはミスする天才じゃい! ――相次ぐ講義に応えながら部落差別、自主規制、戦争責任、父権といった重要テーマを展開。「権威よ死ね!!」とスタ...
  • ゴーマニズム宣言5
    完結
    通常版 5巻 468円(税込)
    膠着した時代を突き動かすには五〇万人の知的パワフルな読者が要る! わしは読者とともに時代を変えるのだ!! ――マスコミ業界人の無礼を叱り、薬害エイズの真相を暴く。プロの道の何たるかを説き、マスコミ...
  • ゴーマニズム宣言6
    完結
    通常版 6巻 468円(税込)
    知識人、ジャーナリズムから吹き荒れるバッシングの嵐の中、著者は精力的に対談に取材にテレビ出演に出かける。まるで「カリスマはどこにいる?」と探しているかのように。そして悟るのだ、もはや自分しかい...
  • ゴーマニズム宣言7
    完結
    通常版 7巻 468円(税込)
    わしが描けば現実が動き憎んだ敵はたちまち転落する。現実と物語のこの怒濤よ! ゴー宣思想の原理を「カニニカ」の一言で象徴する「わしの思考の原点」、言論テロの誹謗でスタッフを失った怒りと悲しみ「う...
  • ゴーマニズム宣言8
    完結
    通常版 8巻 468円(税込)
    坂本弁護士一家失踪事件を推理した第百二十五章「拉致」(「ゴー宣7」所収)に対してオウム真理教が記事の訂正、謝罪を要求してきた。これをもって著者とオウムの裁判闘争が始まる。オウム弁護士との面談、度...
  • ゴーマニズム宣言9
    完結
    通常版 9巻 468円(税込)
    地下鉄サリン後、逮捕されたオウム信者が「小林よしのり暗殺計画」を実行に移していたことを自供した。が、なおもオウムの言い分に耳を貸し助長するマスコミがいる。「ゴー宣」の連載誌「SPA!」もその一つ...

ゴーマニズム宣言2

Posted by ブクログ 2018年11月23日

早くも第2巻目にしてこちらの期待するゴーマニズム宣言が出来上がっている。

第1巻は『ゴー宣』のみならずそのパイロット版でもある「おこっちゃまくん」が挿入されており、よしりんファンには貴重なコレクターズ・アイテムになろうが、純粋に『ゴー宣』を愉しみたい私にしては一貫性のない、世に流通する今までの発表...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ゴーマニズム宣言2

Posted by ブクログ 2018年03月11日

【義の再定義】
 第2巻にしていよいよそのよしのり思想が発露してきた。小林はまず、漫画家である。だから資料を引っ張り出し、体系のうえでものを語らない。その後のいわゆるネット右翼、右派言説の氾濫など、文脈からの断絶から生じる諸問題の萌芽も読み取れるが、しかしこの熱量は圧巻。それは小林自身が相当の教養の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ゴーマニズム宣言5

Posted by ブクログ 2018年12月03日

先日読んだ『ゴー宣4』で抱いた期待感とは裏腹にテーマが収束していく様相が全く見えなかった。前巻で頻出した差別に関するテーマは1本という予想外の結果だった。
しかし本巻に至って漸くHIV薬害訴訟がテーマとして掲げられ、後の活動を風の便り程度ながらも知る身にとっては次巻以降の展開が誠に興味深く、待ち遠し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ゴーマニズム宣言4

Posted by ブクログ 2018年12月02日

『ゴー宣』が現在得ている地位を確立し始めた頃の作品と思われ、自分が期待していた内容に漸くたどり着いた感がある。

この巻には『差別論スペシャル』で抜粋された章も多く、また世間が『ゴー宣』に注目し出した故の他者からの嫉妬、誹謗、中傷がピークに達し、また「小林よしのり」の存在が一人歩きし、巷間のカリスマ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ゴーマニズム宣言3

Posted by ブクログ 2018年11月24日

第2巻に比べると特に強烈な印象を残すエピソードはなかったが、各章全て読物としての水準は高い。

巻末に収録された問題の「カバヤキの日」。これについては想像以上に畏怖しながら、じっくりと話を進めており、手離しでゴーマンかましてなかったのが意外だった。読者からの手紙で、「自主規制で連載見送りになったから...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ゴーマニズム宣言1

Posted by ブクログ 2018年11月21日

もはや漫画を超えた漫画と云われるまでになった『ゴーマニズム宣言』の記念すべき第1作。
現在の『新・ゴー宣』のように一本軸となるテーマについて1冊丸々費やすのではなく、週間連載の編集本であり、各回毎回テーマが違うというエッセイになっている。

作者も冒頭で云っているようにまだまだ思想的に甘く、快刀乱麻...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ゴーマニズム宣言3

Posted by ブクログ 2017年08月03日

皇室という日本における最大のタブーに抵触したために『週刊SPA!』でボツになった「カバ焼きの日」を特別編として収録し、さらにその事件をめぐって右翼の鈴木邦夫との間で交わされた対談も収められています。

また、差別と表現の自由をめぐる問題は、本作が引き起こした多くの問題提起のうちでも最初の大きなテーマ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ゴーマニズム宣言2

Posted by ブクログ 2017年08月03日

「ゴーマニズム宣言」といえば、オウム真理教との戦いや薬害HIV訴訟への関わりなどの印象が強いのですが、金丸信の汚職事件やテレビのドキュメンタリー番組におけるやらせ事件、霊感商法やヘア・ヌード写真集の流行など、さまざまな事件に著者がゴーマンに意見を申し述べています。

途中に「けんきょかましてよかです...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ゴーマニズム宣言1

Posted by ブクログ 2017年08月03日

人気マンガ家の著者が、政治や思想などの領域に殴り込みをかけ大きな反響を呼んだ『ゴーマニズム宣言』と、その前身となった『おこっちゃまくん』を収録しています。

差別問題やHIV訴訟など、その後著者が真剣に取り組むことになる問題も扱われています。なお、「個人主義からの出発」というタイトルが付された「まえ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ゴーマニズム宣言6

Posted by ブクログ 2013年09月19日

なんとなく読んだら
おこっちゃまくんが面白かった。
小林よしのりって、おぼっちゃまくんの人なのか
(おぼっちゃまくんもよく知らないが)

このレビューは参考になりましたか?