超訳 菜根譚 人生はけっして難しくない
作者名 :

1巻配信中

価格 616円 (税込)

『菜根譚』は、中国明代末期の人、洪自誠による処世訓。儒教や仏教、道教のエッセンスが詰まった「人生の教科書」です。本書は、その中から“これだけは知っておきたい言葉”を厳選し、「超訳」で読みやすく、わかりやすく紹介します。◎「何の変哲もないこと」に、喜びを見出す◎「勝つこと」以上に価値があるものに気づく◎お世話や親切は“しっぱなし”でよい◎あいさつができない人は「何もできない人」◎「自分以外の何ものにもなろうとしてはいけない」◎一見「無駄に思えること」の中に元気の素がある◎「ないはないなりに、また楽しい」という生きる知恵……この至言・名言が、あなたの“生きるチカラ”になります!

ジャンル
出版社
三笠書房
掲載誌・レーベル
知的生きかた文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2014年03月20日
紙の本の発売
2013年10月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

超訳 菜根譚 人生はけっして難しくない

Posted by ブクログ 2018年12月07日

菜根譚、久しぶりに読み直してます。最近疲れることが多く。
生き方を改めて教えてくれる本です。
この文庫は字が大きくて読みやすく、何回でも読み返すことができます。

このレビューは参考になりましたか?

超訳 菜根譚 人生はけっして難しくない

Posted by ブクログ 2015年02月25日

身近な表現の言葉がたくさん紹介されています。

人としてのあり方について、いろんなヒントを受け取れる一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

超訳 菜根譚 人生はけっして難しくない

Posted by ブクログ 2014年09月26日

境野勝悟の超訳 菜根譚を読みました。

中国の古典である菜根譚を現在の言葉に訳した解説書でした。

現在の日本では、努力して仕事に精を出しお金を儲けることが人生の目的である、というような風潮があります。
しかし、その結果、精神を病んでしまったりする人も現われてきているわけです。

中国の古典である菜...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?