日本とイタリアってこんなに違う!!? イタリア人の夫に嫁いだヤマザキマリの、イタリア大家族生活! イタリア版肝っ玉母さんな姑に、舅、祖母2人、義妹、旦那に息子。自由奔放な8人家族+にぎやかすぎるご友人たちに、ヤマトナデシコは振り回されっぱなし! アモーレ一色の家庭では、日本とイタリアの文化的(!?)プライドをかけた嫁姑戦争勃発!?

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
Kiss
電子版発売日
2014年04月11日
紙の本の発売
2006年10月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

モーレツ!イタリア家族

Posted by ブクログ 2013年11月23日

ジェントルマンなイタリア男性と結婚をして
ご主人の家族とイタリアで生活をしてみると…。

自分の名前「ローザ」を漢字で「老座」と
タトゥーを入れようとした妹、鶏を
もっしゃもっしゃと豪快にむしる母、
90才にしてVOGUEを愛読する祖母、
ふわふわしつつ、奇怪な家を作り続ける父…。

アモーレに溢れ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

モーレツ!イタリア家族

Posted by ブクログ 2013年01月02日

初ヤマザキマリがこの漫画。
いやー面白かった!決して当事者にはなりたかねーけど。
また別作品読もっと。2013/1/2

このレビューは参考になりましたか?

モーレツ!イタリア家族

Posted by ブクログ 2012年10月21日

「テルマエ・ロマエ」の大ヒットで一躍脚光を浴びた漫画家ヤマザキマリさんのイタリア人の歴史学者の男性と結婚し、彼らの家族と暮らしていたころのことを描いたエッセイ漫画です。彼ら彼女らの個性に圧倒されます。

僕は彼女のことを「テルマエ・ロマエ」で知りましたが、彼女がイタリア人の夫と結婚して、現在は夫の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

モーレツ!イタリア家族

Posted by ブクログ 2010年10月03日

電車の中では読めない面白さです。
辛いことも客観的にみると、笑えるから不思議です。
(きっと当事者なら、泣きたくなるようなことばかりです)が

特にイタリア人御一行様日本を観光する編は、何度読み返しても
笑ってしまいます。

テルマエ・ロマエが好きな方なら、きっと笑えると思います。

このレビューは参考になりましたか?

モーレツ!イタリア家族

Posted by ブクログ 2010年02月22日

テルマエ・ロマエでマンガ大賞にノミネートされたヤマザキマリさんのエッセイ漫画です。
ご主人はローマオタクのイタリア人。そしてそのお母さんとの嫁姑問題(笑)
文化の違いってやっぱりすごくてやっぱりとってもおもしろい!

このレビューは参考になりましたか?

モーレツ!イタリア家族

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年04月19日

一度ちゃんと読みたいなと思っていたヤマザキマリさんのコミックエッセイをようやく。

『テルマエ・ロマエ』の映画はⅠは劇場へ行って観たものの、本は未読。
さて、こちらの『モーレツ!イタリア家族』はヤマザキさんが結婚したイタリア人の旦那さんのご家族について赤裸々に、いえ、“「抑え気味」”に綴った本。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

モーレツ!イタリア家族

Posted by ブクログ 2015年09月13日

マリさんの「国境のない生き方」が面白くて、その流れで一気読みしてしまった。この本に登場したマルコが本作にも出てきて、なんだか嬉しかった。マリさん、凄まじい生活を楽しんでますね〜

このレビューは参考になりましたか?

モーレツ!イタリア家族

Posted by ブクログ 2013年06月23日

あの「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリが贈る笑撃のイタリア生活生録。テーマとしてはありきたりだが、その切り込み方がすさまじい。これがもとで嫁姑バトル勃発 or 激化してても、私は全く驚かない。
にしても、イタリア女性は外見を鑑賞するにとどめておいたほうがよさそう。ってこちらは相手にもされそうにないが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

モーレツ!イタリア家族

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年11月03日

イタリアに関する本を読んだり、実際何回も行ったりしているので、イタリア人ってこういうもん、っていう認識はあっても、実際漫画になると面白い。そんなステレオタイプなんてありえないよーと思っても、やっぱり、たくさん同じようなイタリア人に会えるんだから笑える。

いや、一緒に住んだら笑えないな。

このレビューは参考になりましたか?

モーレツ!イタリア家族

Posted by ブクログ 2012年10月08日

イタリア家族の方を先に読ませていただいたんですが
旦那様に対する印象が少し違って感じられました

でもどっちも面白い!

ヨーロッパに渡るエピソードとか読めてよかったです

このレビューは参考になりましたか?