ここは中東シリアのダマスカス。世界の中でも最も古い町の一角で産まれた一匹のノラ子猫と、その子猫を見守る漫画家ヤマザキマリがおりました。――世界のどこへ引っ越しても私のそばには猫がいた。「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリが愛猫ゴルムの目を通して描いた中東シリアでの日々!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
Kiss
電子版発売日
2014年04月11日
紙の本の発売
2011年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • アラビア猫のゴルム 1巻
    通常版 1巻 453円(税込)
    ここは中東シリアのダマスカス。世界の中でも最も古い町の一角で産まれた一匹のノラ子猫と、その子猫を見守る漫画家ヤマザキマリがおりました。――世界のどこへ引っ越しても私のそばには猫がいた。「テルマ...
  • アラビア猫のゴルム 2巻
    通常版 2巻 453円(税込)
    中東シリアのダマスカスに暮らす漫画家ヤマザキマリ。そんなヤマザキさんちの一員になったノラ子猫のゴルムは、なつかしい外の空気に誘われて思わず家出してみたけれど……!? 「テルマエ・ロマエ」のヤマザ...

アラビア猫のゴルム 2巻

Posted by ブクログ 2013年11月25日

ネコとして生きるということ、
人間とネコが生活を同じくするということ、
種族を超えて家族になるということ。

人間はつい自分の価値観、培ってきた常識、
自分の都合や想いを愛情とエゴをはき違えて
動物たちにも注いだり、押し付けたり。

そんな枠をとっぱらって、自由にのびやかに
自然に触れ合っていくヤマ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

アラビア猫のゴルム 1巻

Posted by ブクログ 2013年11月25日

国境も人種も超えて、ヤマザキさんの側で
ただただ愛おしいゴルムちゃんと、
ヤマザキさんの目線の優しさ。
そしてもちろんの安定した面白さ♡

お耳とお耳の間が狭くなるのが大人の印。
歴史が深く、いろんな情勢を抱えるシリア。
巡り会うということの温かさを感じる
ステキな出逢いのお話でした。

このレビューは参考になりましたか?

アラビア猫のゴルム 1巻

Posted by ブクログ 2011年04月27日

2011/04/27:シリアのダマスカスで野良猫だったゴルムがヤマザキ家に引き取られるまでを猫視点から描いたコミック。
昨日シリア政府が南部ダルアや首都ダマスカス近郊のドゥマで無差別発砲したというニュースを見なかったらもっと楽しめたかも。
早くこのコミックのように市民や猫たちのがのんびり暮らせるよう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

アラビア猫のゴルム 1巻

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年12月29日

写真のゴルムが、可愛すぎる。トラちゃんと呼ばれてたのに、あの作品から、ゴルムになったのね。作者の想像だろう、ゴルムの視点描写も無理がなくてそうかもなーと思える範囲だったのでよかったかな。
オオカミの檻に挟まれていた熟女猫ペルシャのモモについてももう少し読みたかったかな?タイトルからははなれちゃうけど...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

アラビア猫のゴルム 1巻

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月14日

猫好きだからといってどんな猫マンガでも好きかといったらそういうわけではない。
ただ見た目が可愛く描いてさえすればおもしろいというわけではないのだ。
ゴルムは見た目ももちろん可愛いが、これは猫の視点から見た人間観察マンガでもある。
なのでゴルムは存在がなかなか人間くさい。

そういうのが好きなんだと思...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

アラビア猫のゴルム 1巻

Posted by ブクログ 2011年06月06日

日常のおもしろエッセイ漫画として、猫から見た漫画にしてみましたという所か。こっちもまぁいいんだけど、「それではさっそくブオナベイート」「モーレツ!イタリア家族」の続刊も希望です。

このレビューは参考になりましたか?

アラビア猫のゴルム 1巻

Posted by ブクログ 2011年05月14日

ヤマザキマリの飼猫目線のエッセイ風漫画。内容と値段が少し合わないと思うが、シリアのダマスカスがどんな国なのかの片鱗が垣間見れるし、こういうリアルな異国の漫画を描ける漫画家さんは貴重なので、旅行好きの人とかにも読んでもらいたい。

このレビューは参考になりましたか?