〈生きもの〉 ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係
作者名 :

1巻配信中

価格 1,620円 (税込)

ひどい名前、キョーレツな姿、女王君臨の階級社会。動物園で人気急上昇中の珍獣・ハダカデバネズミと、その動物で一旗あげようともくろんだ研究者たちの、「こんなくらしもあったのか」的ミラクルワールド。なぜ裸なの? 女王は幸せ? ふとん係って何ですか? 人気イラストレーター・べつやくれい氏のキュートなイラストも必見!

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波科学ライブラリー
ページ数
126ページ
電子版発売日
2014年03月20日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

〈生きもの〉 ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係

Posted by ブクログ 2019年02月02日

小川洋子さんの本紹介より手に取った本。ハダカデバネズミという特異な生き物の生態も興味深いが、「17の鳴き声を使い分ける」というところから人間の言語の謎に絡めて研究をしようという研究者さんたちの発想が面白い。
それにしても「真社会性動物」の面白いこと。しかも遺伝で全てが決まるのではなく、周囲の状況から...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

〈生きもの〉 ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係

Posted by ブクログ 2014年10月21日

 岩波科学ライブラリーの、ハダカデバネズミの本。

 裸・出歯・鼠。ひどい名前だけど、姿を見たらまさにその通りだから仕方がない。
 ハムスターの赤ちゃんのような姿だが、一生裸。げっ歯類特有のインパクト大の門歯。あるのかないのか分かりにくい、小さすぎる目。いわゆるキモカワイイというのはこの子たちのこと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

〈生きもの〉 ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年06月27日

本書は東アフリカに生息し、地中で集団生活を営んでいるハダカデバネズミの本である。著者が熱烈なラブコールのもと国内へ持ち込み、地味で根気のいる研究に青春を捧げた研究者たちの成果をまとめたものだ。千葉大学や理化学研究所で愛情をもって飼育をしている写真や、キュートなイラストをふんだんに使って、ハダカデバネ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

〈生きもの〉 ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係

Posted by ブクログ 2013年06月19日

小川洋子「とにかく散歩いたしましょう」にて紹介されていました。
強烈な題名に惹かれて読んでみました。
研究者が研究を愛し、研究対象を愛し、そして弟子たちを愛する
姿が目に浮かんで、とても好感のもてる、しかも
研究の醍醐味もよくわかる良書だと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

〈生きもの〉 ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係

Posted by ブクログ 2013年04月05日

「ハダカデバネズミ」という不思議な生き物についての本。
いろいろ考える。
ハダカデバネズミ。
行動、生活パターン(というのか)は、非常に愛くるしく、人間社会に照らし合わせると、切ないし、さらにいとおしくなる。

このレビューは参考になりましたか?

〈生きもの〉 ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係

Posted by ブクログ 2009年11月13日

「ハダカデバネズミ(以下デバ)」あぁなんてひどい名前、そして可愛いその姿。べつやくれいさんのイラストのデバも実物のデバも、もう「可愛いっ!!」としか言いようがないです。

このレビューは参考になりましたか?

〈生きもの〉 ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係

Posted by ブクログ 2018年02月16日

著者の岡ノ谷さんが、カナダで鳥類の研究をしてゐると、いろいろあって帰国せざるを得ない状況が出る。
 しかもハダカデバネズミとやらいふ社会性のネズミを押し付けられる。しかも発見し、それが社会性と言ふ奇怪な習性を持つのを発見したJ・ジャーヴィス御大の飼ひ鼠と言ふありがたすぎるものの!!
 いろいろあって...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

〈生きもの〉 ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係

Posted by ブクログ 2017年04月05日

 グロカワイイ?

 毛がほとんど生えていないしわくちゃの皮膚、
 目が退化してあるのかないのかわからない、
 デカイ鼻の下には突き出したげっ歯類の歯、
 脚が短く胴長。
 
 その名は、ハダカデバネズミ。
 哺乳類なのに変温動物、昆虫に特有の女王を頂点とする真社会性を有する。
 しかも寿命は破格の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

〈生きもの〉 ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係

Posted by ブクログ 2016年05月16日

一時期、一部の間で流行っていたらしい「ハダカデバネズミ」を、遅まきながら読んでみた。
アフリカ北東部のソマリアあたりに生息し、毛がないのは寄生虫対策との説が有力らしく、歯は口唇を突き破って生えているといった、いわゆる生態などが説明されている。
また、その生活は集団で過ごし、アリやハチのような真社会性...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

〈生きもの〉 ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係

Posted by ブクログ 2015年11月29日

ああ、『クマムシ』と同じ人の企画・編集なのね。さもあらんってとこ。

いやもう、反則に近い。例を挙げれば、小学校低学年の男子に「うんこ」をテーマにしたギャグを言うようなもんで、こんなインパクトでかい動物をテーマにした本で、面白くならないわけないわな。
著者やその他登場人物の「デバ愛」を感じる良書。

このレビューは参考になりましたか?