国家の成熟
作者名 :

1巻配信中

価格 648円 (税込)

先進国経済はすでに充分に成熟しており、急成長はもはや不可能である。デフレは「問題」というよりも、成長がたどり着いた必然の結果なのだ。成長幻想と訣別し、「成熟」という尺度でみれば、むしろ日本こそ世界ナンバーワンの先進国である。この強みを生かし、成熟の果実を広く国民が共有できるようになれば、日本は再び輝きを取り戻せる──。異色の元官僚が、世界史的展望も踏まえて放つ渾身の日本論。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
188ページ
電子版発売日
2014年03月21日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

国家の成熟

Posted by ブクログ 2014年01月20日

日本は決して大きな政府でなく、(この事は、少し前に読んだ「統計データが語る 日本人の大きな誤解 (日経プレミアシリーズ)」にも詳しかった)、西欧型の成熟国家を目指すべき・・・という主旨だったようで、まぁ、取り立てて反論するほどの事はない、さほど珍しくもない内容であった。

ただ「成長戦略」と決別せよ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

国家の成熟

Posted by ブクログ 2013年11月24日

元官僚ということもあり、大きな政府を恐れるな、二世中心で能力のない政治家よりも、官僚中心とした国家づくりという主張は分かりやすくあれど、極端な印象。成熟という観点からみると、日本こそ世界ナンバーワンという点は良いと思う。円高もその結果生まれたもの。理解した。

このレビューは参考になりましたか?