家にも学校にも居場所がない中学生のえりの心の拠り所は、大好きなヴィジュアル系バンド。札幌のライヴハウスに通い、ノリコとユキの3人でメンバーを「追っかけ」る時だけが「生きてる」気がする。くだらない日常から逃げるように、ライヴハウスの暗闇と轟音(ごうおん)にまぎれる少女たち。女の子青春文学の金字塔! (講談社文庫 )

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2014年03月20日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • バンギャル ア ゴーゴー(1)
    値引き
    通常版 1巻 324円(税込)
    家にも学校にも居場所がない中学生のえりの心の拠り所は、大好きなヴィジュアル系バンド。札幌のライヴハウスに通い、ノリコとユキの3人でメンバーを「追っかけ」る時だけが「生きてる」気がする。くだらな...
  • バンギャル ア ゴーゴー(2)
    値引き
    通常版 2巻 324円(税込)
    大好きなバンドのメンバーを巡って、友達との関係を壊してしまったえり。だけど、ある出来事から3人は仲直りする。うんざりする日々への憤り、セックスへの興味と不安、そして「大人」たちへの反発。3人は...
  • バンギャル ア ゴーゴー(3)
    値引き
    通常版 3巻 324円(税込)
    親の反対を押し切って高校を中退したえりは、東京で一人暮らしを始める。ノリコもユキも上京するが、「ヴィジュアル系バンドが好き」なだけの少女たちに東京はあまりにも厳しい。そんなとき、彼女たちの心...

バンギャル ア ゴーゴー(1)

Posted by ブクログ 2013年12月22日

バンドの追っかけは、自分にはよく理解が出来ないが、きっと当人たちにとっては大切なものなのだろう。なんだか自分の10代のころを思い出した一作。

このレビューは参考になりましたか?

バンギャル ア ゴーゴー(1)

Posted by ブクログ 2013年07月14日

私とはきっと別の思考回路を持った、別の世界の人々の話。
けれど、その根幹である人間性はきっと同じで、所々でシンパシーを感じた。

ストーリーは何てことはない。
しかし、主人公の描写がうまくできていて、引き込まれる。
他のキャラクターたちの描写があまりいないのも、主人公の視野の狭さがあらわれていてよい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

バンギャル ア ゴーゴー(3)

Posted by ブクログ 2013年06月03日

バンギャじゃないけど、
ライブが好きで音楽にたすけられたことがあるひとには充分に身にしみた。
あと、よく知らない東京を愛してやまないわたしにも。

このレビューは参考になりましたか?

バンギャル ア ゴーゴー(1)

Posted by ブクログ 2013年05月30日

バンギャあがりでもないのになんか身に覚えがあることが多くて痛い…。
とりあえずのり切手がいちばんやばい。

このレビューは参考になりましたか?

バンギャル ア ゴーゴー(3)

Posted by ブクログ 2010年02月07日

◆あらすじ◆
親の反対を押し切って高校を中退したえりは、東京で一人暮らしを始める。
ノリコもユキも上京するが、「ヴィジュアル系バンドが好き」なだけの少女たちに東京はあまりにも厳しい。
そんなとき、彼女たちの心を揺さぶる衝撃の出来事が・・・・・・。
少女たちの成長を描いた「ガールズ・ノヴェル」、渾身の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

バンギャル ア ゴーゴー(2)

Posted by ブクログ 2010年02月07日

◆あらすじ◆
大好きなバンドのメンバーを巡って、友達との関係を壊してしまったえり。
だけど、ある出来事から3人は仲直りする。
うんざりする日々への憤り、セックスへの興味と不安、そして「大人」たちへの反発。
3人は家で同然で東京に向かう。
まだ本当の「恋」さえ知らない少女たちの、ヒリヒリするような青春...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

バンギャル ア ゴーゴー(1)

Posted by ブクログ 2010年02月07日

◆あらすじ◆
家にも学校にも居場所がない中学生のえりの心の拠り所は、大好きなヴィジュアル系バンド。
札幌のライヴハウスに通い、ノリコとユキの3人でメンバーを「追っかけ」る時だけが「生きてる」気がする。
くだらない日常から逃げるように、ライヴハウスの暗闇と轟音にまぎれる少女たち。
女の子青春文学の金字...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

バンギャル ア ゴーゴー(1)

Posted by ブクログ 2010年01月16日

今まで雨宮処凛の本はノンフィクションしか読んだことがなかったけど、小説でも面白いものを書いていることが分かった。
普段平板化している感情に深く響くものがある。笑ってしまう場面も多い。
読者を笑わすセンスは<1>が一番ひかり、<3>は笑う所は少なく、悲劇的な事態が多い。
異性の登場人物と主人公がセック...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

バンギャル ア ゴーゴー(1)

Posted by ブクログ 2009年09月02日

 少し昔のバンギャの少女達の姿を描いた小説。らしい。
 こんな時代があっただなんて認めたくない、バンギャはこんな子ばかりじゃない、そんな感情を抱きながらもこの小説を否定したりすることは出来なくて。
 主人公達の気持ちには、確かに自分の気持ちと共通するものがあって。
 中毒性のようなものを感じて一心不...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

バンギャル ア ゴーゴー(3)

Posted by ブクログ 2016年05月14日

バンギャって呼ぶ派だったけど、今となってはどっちでもいい。バンギャのその後までを書いたアンソロジー(題名忘れた)の角田光代のやつが超よかったけど、短編ならあれ、長編ならこれですね。
女の子の中でも過激な一人だと思うけど、だからこそ書ける哀しみだ。…哀しみ?違うな。
女の子たちもだけど、死んでいった以...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?