小林まことが全精力を注ぎ、美しき義理と人情の世界を描き出す。長谷川伸が残した名作を、これまでの小林作品のキャラクター達が、躍動感一杯に演じるまったく新しい試み。今回はシリーズ最高傑作の『瞼の母』を小林まこと作品一の名キャラクター・東三四郎が演じきる!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
イブニング
電子版発売日
2014年03月20日
紙の本の発売
2014年03月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

劇画・長谷川 伸シリーズ 瞼の母

Posted by ブクログ 2014年07月09日

作者旧作のキャラが「演じている」という所に少々照れというか、一層不純なものを感じていたわけですが、しかしどの作品も血肉が通って読めるのは、素晴らしい原作のおかげか、作者の画力によるものなのか。

作者の嫌いなマンガチックなものが大好きな私ですが、こういう義理人情のドラマも物凄く良いと感じる。なかなか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

劇画・長谷川 伸シリーズ 瞼の母

Posted by ブクログ 2014年09月10日

正直こういう渡世ものを知らなかったんですが面白いですね。渡世人たちの仁義も歯切れのいいセリフも気持ちいいです。東三四郎から三五十五から小林作品のオールスターは嬉しくなります。振り替えると柔道部物語の比重が異常に高い自分で、西野新二と三五十五のリマッチが嬉しかったです。鷲尾も小柴も田丸も。細かくでてる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

劇画・長谷川 伸シリーズ 瞼の母

Posted by ブクログ 2014年03月23日

番場の忠太郎の魅力十分、その主役キャスティングのせいか過去3作よりコミカル(あのネットミームまで!)。再会シーンの盛り上がりにはあと一歩物足りなく感じた。が、ラストにまさかの大胆な脚色。これが小(ン)林先生の出した答か! 男の決断!

このレビューは参考になりましたか?