オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版 知っておきたいOOP、設計、関数型言語の基礎知識

オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版 知っておきたいOOP、設計、関数型言語の基礎知識

作者名 :
通常価格 2,640円 (2,400円+税)
獲得ポイント

13pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『オブジェクト指向でなぜつくるのか』7年ぶり、待望の改訂第2版!

現在のソフトウエア開発技術の主役である、オブジェクト指向の全体像とそこに含まれる各技術を平易な文章で核心をズバリと解説します。

改訂第2版では、すべての文章を細かく見直して修正して、追加のトピックを記述したことに加えて、多くの技術者の注目を集めている関数型言語の基本的な仕組みと思想を解説する「第13章 関数型言語でなぜつくるのか」を新たに書き下ろしています。

◆オブジェクト指向の全体像を整理して解説
オブジェクト指向は、プログラミングをはじめ、フレームワーク、デザインパターン、UML、モデリング、設計、アジャイル開発手法と、ソフトウエア開発全体を支える総合技術となっています。本書では、オブジェクト指向の全体像とそこに含まれる各技術が何を目的として何を実現するのかを解説します。併せて、混乱を避けるために全体を「プログラミング技術」と「汎用の整理術」の2つに分けて説明します。

◆OOPのプログラムが動く仕組みがわかる
OOPで書いたプログラムは、特有のメモリの使い方をします。本書では静的領域、ヒープ領域、スタック領域に対して、クラスやインスタンスや変数がどのように配置され管理されているのかを多数の図を使って説明します。これらを理解することで、自分の書いたプログラムがどのように動いているのがイメージできるようになります。

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
368ページ
電子版発売日
2014年03月14日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
17MB

    Posted by ブクログ 2019年09月29日

    オブジェクト指向というものは、なんとなくわかりそうでわからないものというものだった。しかし本書ではそういった理由としてむしろ比喩を使っていることや用語の多さが原因だとあり、まさにその通りだと思った。
    またオブジェクト指向が生まれた背景なども知れたので、どうしてこれが優れているのかということまで知れた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月30日

    オブジェクト指向とは何なのか、プログラミングの歴史から紐解く良書であった。JAVAをやる前に読んだときは挫折したので、やはり手を動かすことだなあと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月01日

    タイトルの通り、「オブジェクト指向でなぜつくるのか」わかる本です。
    オブジェクト指向が生まれる前との比較で書かれているので、オブジェクト指向のメリットがとてもよく理解できました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月02日

    初〜中級エンジニアにとっては、「プログラミング」を理解できる最良の本。
    オブジェクト指向の成り立ちや、なんとなく使っているけどあまり理解していない機能に対して色々と丁寧に分かりやすく書いてある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月26日

    私のプログラマだった期間とオブジェクト指向が世の中に浸透した時期が異なるため、オブジェクト指向について実務で使うことはなく勉強レベルだったこともあり、しっくり来なかった。オブジェクト指向は用語の洪水、比喩の乱用、なんでもオブジェクト症候群にかかってしまい、それまでのプログラマを遠ざけていると説明され...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月02日

    仕事でプログラミングをしているので、ある程度は知っている内容ですが、
    やはりこのシリーズは的を得ているという印象です。

    プログラミング本だけみていると納得していないまま放置してしまうようなこと、メモリの区分と使われ方だったり、オブジェクト指向を一体どうやって現場で適用するのかということを教えてくれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月15日

    C++やJavaを勉強しているうちにオブジェクト指向について一度しっかり理解しておきたいと思うようになり購入。第二版が発行されているだけあって、非常に分かりやすかったです。オブジェクト指向が生まれるに至った技術的な背景から説明しているため、体系的な理解が得やすかったです。
    扱う内容はオブジェクト指向...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月29日

    オブジェクト指向で作ることのメリットを、オブジェクト指向が生まれるまでの経緯を交えて語っている良書。
    また、関数型言語のパラダイムを最終章で紹介しており、読者の可能性を広げる一冊であるように感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月09日

    オブジェクト指向に対してやんわりと持っていた恐怖感がほんのりとなくなった。
    技術書にありがちな良くわからない説明でなく、なぜオブジェクト指向が良くわからないものとして扱われているのかを丁寧に解説していて読んでいて楽しかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月08日

    ・データが意図しないところで書き変わるのを防ぐ=カプセル化(グルーバル変数の排除)

    ・修正範囲を減らすことができる=継承(共通部分のスーパークラス化)

    ・呼び出し元を統一することで、修正範囲を減らすことができる=多態性(スーパークラスを型に指定することで、インスタンスがどのサブクラスから生成され...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています