徹底的にわかる! 大逆転の儲け術
人気スイーツ店が教える儲けのカラクリ

片手に収まるくらいの小ぶりなガトーショコラが1本3000円!

おそらく日本一高いガトーショコラが連日完売。
ケンズカフェ東京は新宿の外れで、人通りの少ないところにひっそりとある。
しかし、テレビや雑誌、書籍などで多くの芸能人がおすすめすることもあり、この店のガトーショコラを求めて、多くの人が通ってくる。

最初からこんなに売れていたわけではない。
もともとケンズカフェ東京はイタリア料理店だったが、一時は赤字に陥り、借金苦に。
ところが、デザートのガトーショコラがクチコミで広がり、ランチもディナーもやめてガトーショコラ1本に絞り、人気店に。

ガトーショコラのサイズは当初の半分に、値段は倍に。
サイズあたり4倍の値上げにもかかわらず、人気は衰えるどころか、うなぎ上りに。

その背景には、氏家シェフのち密なる計算が隠されていた。

扱う商品は「ガトーショコラ」1つだけ。
値段もサイズも店も、たった1つしかない。
街の小さな店でありながら、驚異のビジネスモデルでスイーツをトップブランドに育て上げた。

弱者が強者を凌駕する計算され尽くした“一点集中マーケティング”。
紆余曲折の末にたどり着いた、どの業界にも通じる儲けのカラクリを隠すことなく公開する。

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
SB新書
ページ数
200ページ
電子版発売日
2014年03月27日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ 4倍値上げしても売れる仕組みの作り方

Posted by ブクログ 2018年10月27日

開発者の気持ちが聞けて嬉しいです。
正直な感じがして嫌な感じを受けないので最後まで読めました。
だいたいの流れがわかったので為になりそうです。
いつか食べてみたいです

このレビューは参考になりましたか?

1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ 4倍値上げしても売れる仕組みの作り方

Posted by ブクログ 2017年09月01日

このガトーショコラ、お土産にいただいて食べたことがあります。
あまり良い状態で持ち運ばれたものではなかったと思いますが、美味しかったです。
買ったばかりのものをすぐに食べたら、もっと美味しいんだろうなと想像しました。
そしてこの本。
そこまで書いていいのかな、と思うほど、あけすけに書かれています。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ 4倍値上げしても売れる仕組みの作り方

Posted by ブクログ 2015年04月22日

納得&感動価格なら、モノは売れる。モノが売れないといわれて久しいが、売れているものはいつの時代も売れています。言い訳はしたくないですよね?

このレビューは参考になりましたか?

1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ 4倍値上げしても売れる仕組みの作り方

Posted by ブクログ 2014年04月09日

ブランディングの書として読んだが、無性にこのガトーショコラが食べたくなった。ブランディングとは何かということ、ネットの活用、通販などを実践している。

このレビューは参考になりましたか?

1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ 4倍値上げしても売れる仕組みの作り方

Posted by ブクログ 2015年07月19日

次の手をすごく考えて経営をされていることが、成功の秘訣であることがよくわかる。
ただ、余りにすべてを語られているので、自分がお店に足を運んで買っている買い方が一番利潤が上がるのだなあと…。
せこいとは思うが、複雑。
それでも価値を見出せる商品力ということなのですが。

このレビューは参考になりましたか?

1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ 4倍値上げしても売れる仕組みの作り方

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年09月07日

なぜ、買いたくなるのか? 売る工夫がなされている。
そのためのインプット、努力もすごい。
走りながら考えて走りながら修正する。特化する。
食べたいものをお取り寄せできるのは、消費者にとっては
ありがたい。

このレビューは参考になりましたか?

1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ 4倍値上げしても売れる仕組みの作り方

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年05月14日

元々1500円で量を2倍で売っていたガトーショコラを量を半分にして、値段を2倍にしたにも関わらず、売れ続けている実話のお話。

この本の著者の良い点は、変化を受け入れること、そして変化が起きてもいいように準備をしておくことだと思った。

自分の商品商材に誇りを持っていると、これが非常に難しい。しかし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?