九州・筑前の戦国史を初めて解明した名著が再登場!毛利元就、大友宗麟、立花道雪、高橋紹運、立花宗茂、龍造寺隆信、秋月種実、島津義久…。武将たちが縦横に駆け巡り、志と生存を賭けて戦った九州戦国の世を活写する。

ジャンル
出版社
図書出版 海鳥社
ページ数
376ページ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

筑前戦国史 増補改訂版

Posted by ブクログ 2013年10月04日

的を筑前の戦国時代に絞った郷土史としての一冊。大友と毛利の攻防、商都博多の記述、立花道雪の苦闘と島津の北進と岩屋城玉砕まで事細かに書かれています。

このレビューは参考になりましたか?