慶子からの手紙
作者名 :

1巻配信中

価格 864円 (税込)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

昭和5年(1930)11月下旬、太宰治は銀座のカフェ"ホリウッド"の17歳の女性と、鎌倉の小動岬の海岸で「心中」を計った。このとき相手の女性は死に、太宰治は生き残った。心中に使用したカルモチンの量は、致死量には達していない。もしかりに、致死量に達していなかったのは、太宰治の方だけであったとすれば、明らかに「殺人事件」が成立をするだろう。主人公、下条順三は、見知らぬ女性「岡田慶子」からの手紙に、翻ろうされつつ、その謎を追いつづける。「岡田慶子」とは誰か。

ジャンル
出版社
皆美社
ページ数
264ページ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。