「なにものにも縛られず、自由に文學(ぶんがく)を愛する」、それが文學倶楽部。だが、その倶楽部は女人禁制であった――。「女」の自由に制約があった時代、なにをするにも「女のくせに」と咎められていた時代。幼い頃から読書を好み、本を愛し、文章を書く喜びを知っていた少女・百音(もね)は、長い髪をばっさりと切り、男物の服を着て倶楽部の門を叩いた。「頼もう、僕を文學倶楽部に入れてほしい」……。正体を隠し、仲間を裏切りながらも、自分の夢に向かってまっすぐ進んでいく“文學ガール”! 笑顔、苦悩、喜び、不安……、思春期のくるくる変わる少女の表情を鮮やかな筆致で描き上げる、俊英・天乃タカの最新作!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / エンターブレイン
掲載誌・レーベル
HARTA COMIX
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • ましまろ文學ガール 1
    通常版 1巻 669円(税込)
    「なにものにも縛られず、自由に文學(ぶんがく)を愛する」、それが文學倶楽部。だが、その倶楽部は女人禁制であった――。「女」の自由に制約があった時代、なにをするにも「女のくせに」と咎められていた時...
  • ましまろ文學ガール 2
    通常版 2巻 842円(税込)
    「文章を書くこと」の魅力に取りつかれ、男装をしてまで文學(ぶんがく)を愛する主人公・百音(もね)。しかし、兄の清(せい)兄さんは「文學は人を不幸にする」と言い、百音の活動を止めようとする。交わり合...

ましまろ文學ガール 1

Posted by ブクログ 2018年02月01日

【あらすじ】
その少年の名は百音(もね)。正体は男装した美少女だった――。

「なにものにも縛られず、自由に文學(ぶんがく)を愛する」、それが文學倶楽部。
だが、その倶楽部は女人禁制であった――。
「女」の自由に制約があった時代、なにをするにも「女のくせに」と咎められていた時代。
幼い頃から読書を好...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ましまろ文學ガール 1

Posted by ブクログ 2013年06月18日

全部2巻。
百音(もね)ちゃんのまっすぐな目がキラキラで、可愛くて。

男尊女卑の時代背景。
少し、調子よく進みすぎだな~という気もしないでもないけれど、可愛いから許す(笑)

このレビューは参考になりましたか?

ましまろ文學ガール 2

Posted by ブクログ 2013年04月23日

創作をする喜び、創造する苦しみ、それに伴う葛藤の数々。男装をしてまで文学に挑む。その姿はかわいいけれども勇壮でかっこいい。
その主役の百音を盛り上げたり手助けする面々もきれいにまとまっている。

このレビューは参考になりましたか?

ましまろ文學ガール 2

Posted by ブクログ 2013年02月23日

本格的に作品に取り組む百音が選んだ題材とは?
伯父が文學に反対する理由はとても切なかったですが、それでも百音の文學に救われて良かったなと思いました。

表面上にはないことばを掬い取るのは難しい。
でも伝えるために必死に捉えようとする。

文章を紡ぐことにおいて、困難と素晴らしさの両方を伝えてくれた作...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ましまろ文學ガール 1

Posted by ブクログ 2013年02月23日

男尊女卑の、まだ女性が文學をするのは認められなかった時代。
「文學を愛しているんです!」の百音のことばが真っ直ぐ心に伝わってきた作品でした。
髪を切り、男装をしてまで文學を志す百音。
結果的にそれを支えた仲間も温かかったです。

また、夢さんが何だかんだと百音の世話を焼く姿が微笑ましかったです。

このレビューは参考になりましたか?

ましまろ文學ガール 2

Posted by ブクログ 2013年02月18日

「たった2巻で終わりとは!」
……と、いう思いを書店で見て抱きましたが、2巻でもまとまっていてきれいに終わっていて、非常に良かったです。
百音の文学への愛と、スパイスとなっている少女の恋心のようなものがたまらない作品です!
ほんの少し載せられていた後日談も何とも可愛らしかったです。
1巻を表紙(装丁...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ましまろ文學ガール 2

Posted by ブクログ 2013年02月16日

これは結構いい青春ものですね。

ストーリーもちゃくちゃくと進んでるし!

でも進みすぎてもう描くこと無いのでは心配になりました。

このレビューは参考になりましたか?

ましまろ文學ガール 1

Posted by ブクログ 2012年05月21日

天乃タカさん、そして大正時代の雰囲気に惹かれ即購入。
やっぱり絵がかわいい!
話は結構王道ですが、面白い。
主人公・百音の文学に対する姿勢が素敵!
たとえ風当たりが強くても文学を愛する気持ちを貫く百音の姿勢には男女問わず惹かれてしまうと思います。

文学について触れつつ、百音の中の文学がどう変化して...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ましまろ文學ガール 1

Posted by ブクログ 2012年05月04日

表紙買いして大正解。ほわほわピンクの表紙に、茶色のインク。女性が文學を愛することが認められなかった時代(明治か大正時代かな?)。主人公百音は男装をして、女人禁制の文學倶楽部へ。そこで出会った「仲間」。彼女が描く世界も、ある意味惹かれあっている夢さんとの関係も気になるところ。袴いいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

ましまろ文學ガール 1

Posted by ブクログ 2012年04月17日

文学がまだ俗物とされよいとされない時代。
女性は型にはまることがよしとされる時代。
ヒロインはそれでも文学を愛し、その双方の流れに逆らう。
結果的にヒロインは男装して、女人禁制の文学倶楽部に参加する。

設定はいわゆる王道的少女漫画で、これといって新しさはない。

が!いい!かわいい!

文学に対す...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?