徳川幕府最後の年となる慶応三年二月。上野寛永寺で将軍警備の任についていた若き山同心、佐倉将馬(さくらしょうま)と森山建(もりやまたける)に密命がくだった。江戸市井に住み、各藩の秘花を守れという。花木を愛し、「花咲爺」の異名を持つ将馬には願ってもないお役目。しかも、将馬が密かに恋する山同心目代の娘・美鈴が同居を申し出る。このお役目に隠された、真の目的とは……。書下し傑作時代小説!

ジャンル
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
432ページ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 山同心花見帖
    通常版 1巻 709円(税込)
    徳川幕府最後の年となる慶応三年二月。上野寛永寺で将軍警備の任についていた若き山同心、佐倉将馬(さくらしょうま)と森山建(もりやまたける)に密命がくだった。江戸市井に住み、各藩の秘花を守れという。...
  • 山同心花見帖 慶花の夢
    通常版 2巻 702円(税込)
    薩長との戦が迫る幕末の江戸。「花守役」として各藩を探る任についた山同心の佐倉将馬は、仕舞た屋でよろず屋稼業に精を出していた。密かに心を寄せる目代の娘・美鈴と夫婦を演じるのが嬉しい。血腥い世だ...
  • 山同心花見帖 まねきの紅葉
    通常版 3巻 712円(税込)
    将軍慶喜が大政奉還を奏上、戦の足音が迫る幕末。幕府山同心の佐倉将馬は、慶喜暗殺を試みる毒薬遣いの一味を追い、血風吹き荒れる京に入った。新選組とともに毒薬遣いの者を追いながら、将馬の心は激しく...

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。