※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

医者の使う言葉はなぜ分からない?患者は何が分からないのか?本書は医療者と非医療者を対象にした調査をもとに、医療者がよく使うが患者には伝わらない言葉を厳選、伝わらない理由を3つの類型に分類・解説し、「病院の言葉の言い換え方」を提示する。よりよい医療コミュニケーションのために、医療者・患者双方が使える初の手引書。

ジャンル
出版社
勁草書房
ページ数
262ページ
電子版発売日
2014年03月20日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

病院の言葉を分かりやすく : 工夫の提案

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年07月02日

医療職に携わっている期間が長ければ長くなるほど、特に言葉は、患者にとっての「分からないこと」が分からなくなっていることに気付く。患者の意識、現実的なとらえ方などが載っているため、参考になる。
また、患者さんはどのように呼んでほしいと思っているのかを調べた結果「~さま」と呼ばれるより、「~さん」と呼ば...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?