世界が注目し、世界が認め、世界が感嘆した世界的絵師による世界的ベストセラー。

世界十大芸術家の1人と目され、日本のみならず世界で高い評価を受けている葛飾北斎。
1999年にはアメリカの雑誌『ライフ』における企画
「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」
において日本人で唯一ランク入りした(86位)。
北斎がいかに世界的に評価されているかがわかっていただけるだろう。

 1831年刊行の『冨嶽三十六景』は日本人なら誰もが知っている名作中の名作だ。
その『冨嶽三十六景』と並んで葛飾北斎の代表作と言われているのが
この『北斎漫画』で、19世紀中ごろには日本のみならず欧州へと伝えられた。

『北斎漫画』はジャポニズム(日本趣味)を引き起こす原動力となり、
パリでは神として崇められるほどであった。
モネ、ゴッホ、ゴーギャンなど欧州の画家たちは
北斎の描写力と構図に感動し、自分たちの絵の中にも取り入れた。
『北斎漫画』は“ホクサイ・スケッチ”と呼ばれ海外でも人気を博した。

 全15編からなり、約4000の浮世絵が収録されている『北斎漫画』の中から
今回は「戦」を題材にした作品を中心にまとめた。
迫力ある合戦シーンを是非楽しんで鑑賞していただければと思う。

 表題の「漫画」は「気の向くままに漫然と描いた画」であることに由来しており、
北斎自身が名付けたと言われている。
森羅万象を描いた葛飾北斎を体現した作品であり、
人物、風俗、動植物、伝説の生物、風景、建築物、歴史
などあらゆるものを題材にしている。
人物を描く際には人のふざけた顔を描くなど、非常に独創的で北斎らしい作品の数々だ。
現代の「漫画」という言葉はこの作品の表題が元となっているのではないかとされている。


【葛飾北斎 プロフィール】
 葛飾北斎(1760~1849)は、江戸後期に活躍した浮世絵師。
風景画、奇想画、春画など幅広い浮世絵を手掛けた。
また読本や挿絵芸術、さらには『北斎漫画』などの絵本を数多く発表。
何よりも絵を描くことに情熱を燃やし、自ら「画狂人」と名乗るほどである。
 代表作は、『北斎漫画』、『冨嶽三十六景』、『富嶽百景』など。
生涯で3万以上の作品を手掛け、森羅万象を絵の題材とした。

【目次】

まえがき

◆『北斎漫画』について
◆葛飾北斎について
◆作品
(1)武術・武器
(2)決戦
◆葛飾北斎 略年譜

ジャンル
出版社
ゴマブックス
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。