日本人の多くが親しみを持つ豊臣秀吉。戦乱の世を生きながら、やがて天下統一を果たすまでの秀吉の生涯を描いた物語。
天文5年、尾張で一人の赤ん坊が生まれる。日吉と名付けられた赤ん坊は、やがて母や姉を想い、楽をさせてやりたいと強く考えるようになる。何をしても芽が出ず、何も持たない日吉は村で厄介者扱いを受けながらも、自分の仕事に対しては一生懸命に忠実であり続ける。
人間・秀吉を真正面から描いた吉川英治の意欲作。

<著者情報>
吉川英治
1892年8月、神奈川県生まれ。小説家。様々な職を経て作家となる。『鳴門秘帖』などで人気を博し、1935年より新聞連載が始まった『宮本武蔵』は読者を魅了、大衆小説の代表的作品となる。『三国志』、『新・平家物語』、『私本太平記』『新・水滸伝』など後世に残る大作を執筆。

目   次

日 輪 ・ 月 輪
野 の 子 ど も
こ の 一 軒
香  炉  変
大     鵬
群     盗
猫  の  飯

卍 の 一 族
成     敗
矢  矧  川

天  高  し
稲 葉 山 城
十 兵 衛 光 秀
火の粉・風の子
松 下 屋 敷
今 川 往 来
信     長
狂  児  像
出     仕
じ ゃ じ ゃ 馬
孤 君 と 老 臣
茨 を 拓 い て
奉 公 一 心
米  饅  頭

ジャンル
出版社
ゴマブックス
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 新書 太閤記 一
    通常版 1巻 745円(税込)
    日本人の多くが親しみを持つ豊臣秀吉。戦乱の世を生きながら、やがて天下統一を果たすまでの秀吉の生涯を描いた物語。 天文5年、尾張で一人の赤ん坊が生まれる。日吉と名付けられた赤ん坊は、やがて母や姉...
  • 新書 太閤記 二
    通常版 2巻 745円(税込)
    美濃では息子の義龍が実父の道三を討ち、世間ではますます乱世の様相を呈してきた。 藤吉郎 は、二十日かかるという城の普請を三日で完了し、褒美に小隊を預けられるなど、着実に信長 の覚えを良くし、ま...
  • 新書 太閤記 三
    通常版 3巻 745円(税込)
    日本人の多くが親しみを持つ豊臣秀吉。戦乱の世を生きながら、やがて天下統一を果たすまでの秀吉の生涯を描いた物語。 信長は、美濃攻略に狙いを定める。そして信長は、洲股―尾濃の国境の地に、足場をつく...

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。