議題 検証・中田英寿という生き方

 サッカー界の重要テーマを多士済々の論客に論じていただく『フットボールサミット』第2回目の議題は「中田英寿という生き方」です。
 近年海外で成功した日本人選手の筆頭とも言える彼は、もじどおり日本代表でも別格の存在として数々の功績を残してきました。彼の存在なくして日本の躍進はなかったと言えます。
 一方、突出した存在であるがゆえ、その言動にはサッカーファン、メディア関係者などからは
賛否両論が渦巻いていました。それこそがスター選手の証ですが、引退から4年以上がたったいまだからこそ、彼をアンタッチャブルな存在として敬遠するのではなく、冷静に客観的に、彼が
日本サッカー界にもたらしたこと、そして日本社会における彼の存在意義をここでしっかりと検証したいと思います。
 また彼の生き方を改めて見つめ直すとともに、ひと握りのサッカー選手以外が直面している現実、つまり、現役時代同様、引退後もハードな生活を送ることが多いサッカー選手のキャリアについて、広く考えるきっかけになればと考えています。

『フットボールサミット』議長 森哲也


拝啓、中田英寿様
あなたはどこに行くのか?
大泉実成

中田英寿という生き方
「偏屈者」と呼ばれしサッカー界のトリックスター
大泉実成

背番号7は本当に異分子だったのか?
藤田俊哉が語る中田英寿というフットボーラー
元川悦子

松田直樹という生き方
魂のフットボーラーが語る過去・現在・未来と中田英寿
宇都宮徹壱

日本サッカー界がいまこそ中田英寿から学ぶべきこと
「嫌儲」思想からの脱却と社会的な視野の導入を
岡田康宏

NAKATAビジネスの正体
社会学の見地から中田英寿を読み解く
木村元彦

中田英寿とメディア
選手とマスコミの幸福な関係とは?
小澤一郎

TAKE ACTIONとは何か?
大いなる理想の前に立ちはだかる壁
大泉実成

ジャンル
出版社
カンゼン
ページ数
192ページ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

フットボールサミット第2回 検証・中田英寿という生き方

Posted by ブクログ 2012年04月15日

「フットボールサミット」は読み応えあるシリーズが多い。
この号は引退後の中田を中田をよく知る人物たちから紐解く一冊。
TAKE ACTIONとサッカー協会との関係は興味深い。

このレビューは参考になりましたか?

フットボールサミット第2回 検証・中田英寿という生き方

Posted by ブクログ 2011年04月24日

引退して4年以上経つのにも関わらず、未だに世間の関心を惹き付ける中田英寿の魅力はなんだろうか?
日本はこの答えを永遠に求め、永遠に探し続けるのかもしれない。
なぜなら中田英寿の生き方は、どこまでもロジカルだから。世間体に重きを置く日本人には、常に社会性で生きている彼の論理はわからないのだろう。
(鴻...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

フットボールサミット第2回 検証・中田英寿という生き方

Posted by ブクログ 2011年06月24日

面白かった。ただ、この本は基本的に中田に接触できた数少ない人物の証言であることを差し引いて考えなければならない。つまりこの「数少ない人物」は、今後も中田に嫌われない限り中田という存在を通して今後もメリット(金銭等)があるかもしれないということである。つまり中田の悪いことをいって得することは何ひとつな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

フットボールサミット第2回 検証・中田英寿という生き方

Posted by ブクログ 2011年03月10日

表紙はともかく・・・
松田直樹という生き方だけが気になり購入。
直樹らしいインタビューの掲載ですごく面白かった。ほんと「やんちゃ坊主」って言葉が一番似合う選手。

和司さんが目指す「ちゃぶるサッカー」には直樹は必要だったのでは?

このレビューは参考になりましたか?