※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「俺、このまま何にもなれずに終わるのかな…」

最少の線で世界を切り拓く気鋭の漫画家・大橋裕之、渾身の自伝マンガ!

「1998年4月、高校を卒業した僕は、プロボクサーになると言って実家を飛び出し、この街にやってきた。
本当は…漫画家になりたいのに…。俺は一体、何をやってるんだろう…」

漫画家になりたいという夢を抱いて迷走した、19歳の夏。
まわりのみんなが自分より偉く見えた、あの日。
間違っているのは自分? それとも…。
ねじれた生活のなかで悶々としながら出した答えとは…。

迷いながら日々を生きる、すべての人に捧ぐ!
甘酸っぱくて切ない、永遠の青春迷走漫画、ここに完成――。


町山智浩氏、ピース・又吉直樹氏、推薦!

「安アパートの孤独のドン底で、
自分が本当にやりたいことがわかった十代最後の夏、
地面を這うアリと目が合った。
『キッズ・リターン』を思い出した。」(町山智浩氏)

「大橋裕之の描く漫画は最高に面白い。
どうしようもない混沌とした日々に絶望する者と、
それでも創り続ける者との差は忍耐力などではなく、
何かに選ばれているか否かだと思う。
妥協なき創作の獣道を進み続けて欲しい。」(ピース・又吉直樹氏)

ジャンル
出版社
カンゼン
ページ数
144ページ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。