特殊兵器を装備した女敏腕エージェントが 異形のパリを駆ける。 最新型ハイブリッド・スチームパンク! 時は19世紀末、“静かなる革命”の都パリでは、科学的合理主義が推し進められ、ついには純粋理性の結晶である自動人形による議会が権力を握るようになっていた。女敏腕エージェントとして知られるミレディは、議会の命を受けモルグ街で起こった怪事件の独自捜査を行うことになる。その事件現場にはヴィクトリア朝英国を統べる蜥蜴女王の肖像画が掛けられていた……。魑魅魍魎の跳梁する異形のパリを描く、冒険SF第2弾。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫SF
ページ数
544ページ
電子版発売日
2014年04月11日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
.book
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

影のミレディ

Posted by ブクログ 2014年01月12日

モルグ街の殺人から始まって、新大陸の万国博覧会でクライマックスを迎えるスチームパンク武侠小説。『ドラキュラ紀元』とか『屍者の帝国』あたりが好きな人にはお薦め。

このレビューは参考になりましたか?