復活した芦琉は、不穏な気配を見せるようになっていた。そこに、祖先から受け継がれた闇の力があると知った緋奈は、鍵を握る紫洞の遺跡に向かう。同じ時、深波と、弟・水稀の立太子式が行われるとの報せが入り…!?

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2014年03月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

瑠璃の風に花は流れる 茜の継承者

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年01月08日

リュウとの激突から目が覚めた芦琉ですが、なんだか前とは違う感じ。黒芦琉って感じでしょうか。怒ると怖いとことか、緋奈一番の嫉妬王太子ってところは前からですが、周りの人の軽口もちょっとよそよそしさを感じるような・・・?

黒嶺側もキャラが一杯出て来て、たぶん間をあけたら、誰が誰だかって感じになりそうです...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

瑠璃の風に花は流れる 茜の継承者

Posted by ブクログ 2014年05月23日

次くらいからやっと話が大きく動くかなー。
それにしても、どこでも簡単に(紫洞王宮特に)侵入できすぎじゃない。何回目だ。
話に入り込めないけど、ここまで来たら最後まで読む。。

このレビューは参考になりましたか?