緋奈が「光の王女」だという予言は嘘だった――。芭鉦が放った言葉に衝撃を受けた緋奈は、予言をした占者の弟子を捜しはじめる。その矢先、紫洞の王子・泰芽が朱根にやってきて、「兄を助けてくれ」と言い出して!?

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2014年03月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

瑠璃の風に花は流れる 銀の予言者

Posted by ブクログ 2018年10月12日

今回は深波と雷音は登場しない。
紫洞の王太子禮河と泰芽と今後どう手を組んでいくのか。
光の王女を占ったとされる占者の弟子氷高が白の鳳凰を呼び出した緋奈王女と芦琉になにを見出したのか。
次の巻が楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

瑠璃の風に花は流れる 銀の予言者

Posted by ブクログ 2014年05月14日

サクッとした展開かと思いきや、またおんなじこと繰り返すとか考えなさすぎでしょう。
氷高は何を見たのか。ってのが次のテーマ?黒嶺の歴史か禮河王子救出かな?

このレビューは参考になりましたか?

瑠璃の風に花は流れる 銀の予言者

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年01月08日

また新キャラ登場です。サブタイトルにもある「銀の予言者」氷高です。
だんだん人が増えていってます。

芭鉦が残していった「緋奈が光の王女ではない」という言葉の真相を探るべく、占者の弟子だった氷高を探す芦琉たち。そんな中、紫洞の泰芽王子が黒嶺の助けを借りに単身やってきますが、緋奈に一緒に逃げようとか突...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?