死んだと思われた父・朱根王を帰す、と伝えてきた隣国・紫洞よりの使者。許婚である黒嶺王子・芦琉の反対を抑え、紫洞との国境に向かった緋奈は、思いがけない人物に身柄を拘束されてしまうが…!?

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2014年03月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

瑠璃の風に花は流れる 蒼の将軍

Posted by ブクログ 2018年10月12日

第2弾から引き続き、芦琉と緋奈の間に流れる愛情が素敵。
そして緋奈が朱根の王女として目覚めていく姿も素敵。
朱根の冬麻将軍、紫洞の王妃など、興味深い人物が登場して、どんどん面白くなった。

このレビューは参考になりましたか?

瑠璃の風に花は流れる 蒼の将軍

Posted by ブクログ 2014年05月04日

飽きて来て話に入れるかなーと思ってたけど、楽しめた。
話の流れは相変わらずなんとも言えない部分が目立つけどね。

このレビューは参考になりましたか?

瑠璃の風に花は流れる 蒼の将軍

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年01月08日

また新しいキャラが。
タイトルにもなっている「蒼の将軍」。だれかと思ったら、1巻で深波に殺された鞍麻将軍の義弟の冬麻将軍のことでした。そういえば、鞍麻将軍って、いいように利用されて最後は深波に殺されて、かわいそうな人でした。

朱根王と朱根軍を取り戻すために国境で会見した緋奈ですが、冬麻によって、紫...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

瑠璃の風に花は流れる 蒼の将軍

Posted by ブクログ 2007年05月12日

ご都合主義な展開もここまで来ると気持ちいいかも。次巻に続く終わり方だったところを見ると、次の発刊は割と早めなのか?

このレビューは参考になりましたか?