論文は、自分のモヤモヤした考えを明確にするため、またそれを他者に伝えるために書かれる。「自分とは何者か」から「人間の生」「現代社会の在り方」まで幅広いテーマを取りあげて、論文の「かたち」と「なかみ」を丁寧に解説する。本書は、大学入試小論文を通して、文章技術の基本を身につけるための哲学的実用書である。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

「考える」ための小論文

Posted by ブクログ 2015年03月15日

 論文とは、他者に自分を知って貰う手段の一つ。他者を説得しようと根拠を示しながら自分なりの意見を表明する。大学に入る為に求められる基礎レベルの教養だ。論文も、読者とのコミュニケーションの一種である。だから、誰もが納得のいくように論を進める必要がある。その際に、把握すべきなのは個人と社会の関係性、具体...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「考える」ための小論文

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年06月13日

 「考える力」を身につけたいと思い、その一助となるような本を探していたのだけど、これは良い出会いだった。小論文対策として以上に、一人の人間として物事(人間の生や社会について)を考え、まとめることについて真摯に取り組んでいる本だ。 

 読んでいて思ったのは、「独自性ある文章」は思っている以上に簡単に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「考える」ための小論文

Posted by ブクログ 2012年08月21日

小論文入試を控えているため、

1.評価される小論文とはどんなものか
2.それを書くに当たって必要な力は何か
3.その力をどのように養えばいいか

について知りたいと考えて読んだ一冊。
1、2については明確に知ることができた。3についても完璧とは言わないまでも、8割程度の、かなり明確ではあるけれども...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「考える」ための小論文

Posted by ブクログ 2010年08月29日

[ 内容 ]
論文は、なりよりも自分のモヤモヤした考えを明確にするため、またそれを他者に伝えるために書かれる。
「自分とは何者か」から「人間の生」「現代社会の在り方」まで幅広いテーマを取りあげて、論文の「かたち」と「なかみ」をていねいに解説する。
本書は、大学入試小論文を通して、文章技術の基本を身に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「考える」ための小論文

Posted by ブクログ 2017年07月07日

とうとうやらなくてはいけなくなった小論文のために、とりあえず手に取った一冊。全くの素人だったので読んでいて納得する場面が多く(特に前半)なるほどなあといった感じだった。備忘録的に自分なりだが小論文を書く流れを以下にまとめてみる。

①主題を掴む→②「問い」を発する→③主張を打ち出す
  ①出題意図の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「考える」ための小論文

Posted by ブクログ 2014年07月27日

コラム中の筆者の死生観に共感した。
小論文は、世間一般で「常識」とされていることを書いてはいけないと分かった。

このレビューは参考になりましたか?

「考える」ための小論文

Posted by ブクログ 2014年04月16日

 大学受験生向きの本のようだが、結構面白い勉強本。学生時代、このような文章を読むのが本当に苦手で、理系を目指したようなものだった自分にとっては、今、ようようと本書の内容がなんとか理解できるようになった段階。まだ途上だろうが、こういう思考ツールを詳細に書いてもらえると助かる。こんなことは基礎の基礎なの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「考える」ための小論文

Posted by ブクログ 2011年08月22日

読んだのはダイブ前。

だけど、ボロボロになった本が今、手元にある。

当時、大学受験で小論文のある学校を受けようとして
この本をバイブルとして読んでました。
(結局、その大学を受験はしませんでしたが)


今、ジブンは面接試験の対策を考えているんだけど
この本にある、常に「なぜ?」と考える姿勢が大...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「考える」ための小論文

Posted by ブクログ 2004年11月03日

巷に溢れている型書き小論文を悪いとは言いません。むしろある程度のレベルまではもっとも有効でしう。しかし本当にそれって論文っていえるんだろうか?論文って自分の考えを述べるもの。それをしっかり解らせてくれる逸品です

このレビューは参考になりましたか?

「考える」ための小論文

Posted by ブクログ 2011年07月11日

自分で言うのもあれですが、大学受験の小論は結構得意な方だった。その時は何かの本で読んだ「型」(起承転結みたいな)ばかりに意識を集中させて、内容よりも「型」にこだわって書いていたのを覚えている(それでも高得点は取れていた)。論文の意味は相手にわかりやすく書くのは勿論だが、何より、中身が無ければ全く意味...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?