仏師の円心の前に現れた女は、前世で太子と心中した愛妃の生まれ変わりで、太子の生まれ変わりである円心の前に現れたのだと言う。しかし、自らの一族を一人残らずなぶり殺され、すさまじい怒りと怨みを持って死霊となっていた太子は、女陰の裂け目から突入し、輪廻転生の掟を破って黄泉の国から蘇った!! 斑鳩の朝日とともに我ついに蘇りたり!! 「怒る我」の男――太子追い書き(滝沢解)収録。

ジャンル
出版社
太田出版
ページ数
527ページ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

超劇画 聖徳太子

Posted by ブクログ 2010年10月05日

一般的に知られている聖徳太子という人物の像はかけらもありません。
まったく意味が分からないのですが、ガチムチマッチョの聖徳太子が生首もぎ取ったり、地獄征服を目論んだりします。
本当です。
最後に「未完」と書き込まれているので意味が分からないまま終わってしまった
というわけではないと思います。
読むと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

超劇画 聖徳太子

Posted by ブクログ 2015年06月19日

すげーよ
展開、キャラ、ストーリー全てが凄いけどラストが特に凄すぎた、車田正美先生を超えたかも知れない

このレビューは参考になりましたか?