紺野しぐれはクラスでいじめにあっていた。しかし、ある時肉体を離脱し、精神世界に入れるようになった。人の心を覗くしぐれは――!? いじめ、カルト、心的外傷、模造記憶、煩悩感染、人格農場、究竟涅槃、色即是空…。善良な市民の心に蒔かれた煩悩の種が花開く時、奇怪な事件が今日もまた起こる――貴方も煩悩を極めて涅槃寂静!!

ジャンル
出版社
太田出版
掲載誌・レーベル
マンガ・エロティクス・エフ
ページ数
224ページ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

六識転想アタラクシア

Posted by ブクログ 2005年12月23日

割とまっとうなストーリー作品。相変わらず発想がおもしろい。同名の短編ではこじんまりとした藤子チックなブラックユーモアものであったが、長編では画力の向上も手伝ってより広い世界観(の片鱗)をのぞかせている。もっと広げることも可能だったと思うが、これくらいで終えておくのがこの作者には合っているのかもしれな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

六識転想アタラクシア

Posted by ブクログ 2009年10月14日

普段ギャグ路線で描いてるけど、こういうのが駕籠真太郎のメンタリティなんじゃないかと思う。

もちろん、一読者に過ぎない俺の勝手な思い込みかも知れんけど;

このレビューは参考になりましたか?

六識転想アタラクシア

Posted by ブクログ 2017年10月17日

サイバーパンクSF的ギミックを作者独自の作風に持ち込んだら、こう。
漫画的な見せ方が面白いかなという程度。

このレビューは参考になりましたか?

六識転想アタラクシア

Posted by ブクログ 2009年10月22日

珍しく、うんこが主役じゃない。駕籠作品の中で万人に進められる数少ない著作。ちゃんとストーリーもあるので面白いです。

このレビューは参考になりましたか?