主人公・市村伊左衛門(いちむら・いざえもん)は、役者であり、若き芝居小屋の主(=太夫元)である。若い故に、勢いはあるが、失敗も多い。果たして伊左衛門は一人前の役者・太夫元として大成できるのか。話題の作品「かぶき伊左」がついに電子書籍化!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / エンターブレイン
掲載誌・レーベル
HARTA COMIX
電子版発売日
2014年03月18日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • かぶき伊左 壱
    完結
    通常版 1巻 669円(税込)
    主人公・市村伊左衛門(いちむら・いざえもん)は、役者であり、若き芝居小屋の主(=太夫元)である。若い故に、勢いはあるが、失敗も多い。果たして伊左衛門は一人前の役者・太夫元として大成できるのか。話題...
  • かぶき伊左 弐
    完結
    通常版 2巻 669円(税込)
    伊左衛門にとって勝負となる、顔見世興行がはじまった。市村座の主(=太夫元)としても、歌舞伎役者としても、顔見世で失敗は出来ない。だがそんな時、小屋を乗っ取ろうと、金主の策謀が伊左を襲うのだった……...
  • かぶき伊左 参
    完結
    通常版 3巻 669円(税込)
    芝居小屋の運命を左右する、顔見世興行がいよいよ始まった。しかし、芝居の転覆を企む金主の企みが伊左へ襲いかかる! 果たして顔見世の結末はどうなるのか。一方では、再び現れた“火事場の女”おつみの告白...
  • かぶき伊左 肆
    完結
    通常版 4巻 723円(税込)
    江戸から明治に時代は移り変わっていき、芝居の形も変わっていく。江戸幕府からは悪所・男地獄と罵られていた芝居小屋。新政府からは、新時代の社交場になるべしと通達を受ける。この好機をものにするべく...

かぶき伊左 肆

Posted by ブクログ 2014年08月01日

駆け足で物語が通り過ぎてしまった感はあるけれど、ラストの大団円がほんとうに素敵。この巻だけでも繰り返し繰り返し読みたい。実写化するならどの歌舞伎役者が誰を演じるだろう?なんて妄想も捗るww

このレビューは参考になりましたか?

かぶき伊左 壱

Posted by ブクログ 2014年08月01日

躍動感がすごい。見慣れた演目がたくさん出てくるから入りやすい。絵柄がとにかく華やかで、コマを眺めてるだけで楽しい!

このレビューは参考になりましたか?

かぶき伊左 弐

Posted by ブクログ 2013年03月05日

幕末の若い歌舞伎役者たちのお話。華やかな絵が可愛い。
キャラも立って群像劇なのも生きてきて、1巻よりぐんと面白くなってます。
ますます続きが楽しみ。というか、この2巻の終わり方うますぎて気になるだろこれは・・・。
個人的には女形のさや当てがぞくっとこわくてとても良かったです。

このレビューは参考になりましたか?

かぶき伊左 肆

Posted by ブクログ 2018年12月09日

教養がないのでモデルのこととかはさっっっっぱりだけど、とにかく皆仲直りして大団円で胸を撫で下ろした……。
伊佐のまっすぐさが読んでいて気持ちいいお話でした。

このレビューは参考になりましたか?

かぶき伊左 参

Posted by ブクログ 2018年11月24日

おつみがだいぶアレな女の子でドン引きしたりもしたけど、受け入れて、乗り越えて、いい形で決着がついてほっとした。
権四郎とも和解(?)して、伊左はいい成長をしている。
と、いい気分になったところから矢之助周りの不穏さ、絶交で断絶なんて……

このレビューは参考になりましたか?

かぶき伊左 壱

Posted by ブクログ 2013年03月22日

明治の歌舞伎黄金時代を築いた五代目菊五郎をモデルに、
幕末明治の若い役者たちのお話を生き生きと描く意欲作です。
江戸風俗への愛がつまった華やかな絵柄と、
キャラクターの立ちっぷりがとても魅力的。快男児な主人公は誰からも愛されそうです。
弁天小僧誕生のエピソードなど歌舞伎に詳しい方も楽しめそうです。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

かぶき伊左 壱

Posted by ブクログ 2012年12月19日

「落語心中」「かぶく者」を思い出す、役者奮闘漫画。
江戸弁の会話はテンポ良いね。
伊左衛門が権ちゃんを認める日は来るのか?楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

かぶき伊左 壱

Posted by ブクログ 2013年08月03日

時は幕末。若くして芝居小屋の主(=太夫元)となった主人公・伊佐衛門。
故に勢いはあるが、失敗も多い。
はたして一人前の太夫元・役者として大成できるのか。
舞台の上でも小屋の外でも大忙し。
幕末役者奮闘記!

―――――――――――――――――――――――――
タイトル通り、若い人気歌舞伎役者のお話で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?