『魏志倭人伝』を構成する漢字をひとつひとつ徹底的に解読・分解すると、今まで誰も気がつかなかった秘密が立ち上がる。たとえば(至)と(到)の使い分けから、途中経過地と目的地の違いを知ることができる。魏の使節団の倭人国への航海と陸行の足跡を、全く新しい手法で辿った仰天の異色歴史小説。<文庫書下ろし> (講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

五五五文字の巡礼 魏志倭人伝トーク 地理篇

Posted by ブクログ 2013年01月07日

NHKの特集で中国の特集をやったときに、「漢字」の存在が中国の統一を助けたという話がありました。漢字は4000年も昔のものが現代でもそのまま通用するという稀有な文字という内容を聞いて、確かにそうだな~と思いました。
本書ではその「漢字」をベースに魏志倭人伝を紐解いていました。漢字に興味のある方はとて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?