アパートのベランダに毎朝置かれる、水の入ったペットボトル。交通事故現場に集結する無線タクシー。密室状態のテント内で割れた7つのスイカ――誰が、なぜそんなことを? 不可解な「本格」的状況を神出鬼没の童顔探偵・猫丸先輩がすらりと解決。その推理はますます冴えわたる!? 人気シリーズ第2弾。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
448ページ
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

猫丸先輩の空論

Posted by ブクログ 2008年10月20日

『水のそとの何か』
毎朝ベランダの手すりに置かれる水の入ったペットボトル。猫丸先輩の強引な推論。二つの推論。

『とむらい自動車』
事故にあった八木沢君。事故現場に花をたむけた大西君と猫丸先輩。「鈴木さん」を求めタクシーの運転手たちの争い。ミドリのおばさんの陰謀。

『子ねこを救え』
1匹だけ首輪を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

猫丸先輩の空論

Posted by ブクログ 2012年11月01日

4-
前作『〜推測』の解説(怪説)で加納朋子に、短編タイトルに文字りネタ縛りを課していくことの苦しさを冗談まじりに指摘されていたが、本作ではその本人の作品『ななつのこ』を元ネタにしてきたことにニヤリとさせられる。

内容も良い意味で安定しているが、いささか先が読めるものもあり、驚きは少ない。もっとも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

猫丸先輩の空論

Posted by ブクログ 2011年02月17日

 もともと本格調の密室殺人でデビューした猫丸先輩、いつのまにか路線変更して血なまぐさくないのどかな作品のみに登場するようになってしまったというのは作者の弁である。血なまぐさくないのは結構であるが、提出される謎はのどかではないものが多い。そこがこの作者の一連の作品の魅力であろう。ちなみに今回のお気に入...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

猫丸先輩の空論

Posted by ブクログ 2011年01月19日

殺人事件が発生しない、日常系ミステリーです。
お話自体がほのぼのとしていて、面白かったです!!
猫丸先輩のキャラもよかったです。

このレビューは参考になりましたか?

猫丸先輩の空論

Posted by ブクログ 2008年09月16日

猫丸先輩大活躍。
男子高校生を笑いながら追いかける(全力疾走)先輩が素敵過ぎました。
日常ミステリでほのぼの読めました。解釈が一つでないところが好きです。
話を引っ張るネタみたいなのは見え見えだったですが、面白いっす

このレビューは参考になりましたか?

猫丸先輩の空論

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年09月05日

日常の謎系と呼ばれる,殺人事件が起こらないミステリは,世の中に多数存在する。日常の謎系のミステリは,日常で起こった少し不思議な出来事について,登場人物がいろいろと推理をしたあと,名探偵役の登場人物が真相を語るという構成がセオリーである。しかし,猫丸先輩のシリーズは少し違っている。
日常に少し不思議な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

猫丸先輩の空論

Posted by ブクログ 2014年08月04日

久々にシリーズを再開、これで文庫としてまとまっているのはラストです。
前巻同様、猫丸先輩が日常の謎に対して仮説程度の推理を披露する構成です。やはり推理には多少の物足りなさがありますが、一方で、謎を提起する才能を強く感じる内容でした。毎朝ベランダに置かれていくペットボトルや遠くから近づいてくる電話の着...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

猫丸先輩の空論

Posted by ブクログ 2009年11月20日

いつも同じ作家さんのばかり読んでいるので、新たな視野を広げようかと購入してみた一冊。
殺人の起こらないミステリというから、北村薫さんみたいな感じの話を想像していた。
確かに面白いとは思うけれど、もう少しパンチの効いた話を期待してしまっていた。

このレビューは参考になりましたか?

猫丸先輩の空論

Posted by ブクログ 2009年07月13日

猫丸先輩、日本一かわいい探偵じゃないか?

相変わらずののらりくらりぶりが好きです。
ただ先輩の答えが正解かどうか、の証明がされず投げっぱなしなところはときどき不安になる。いやそういうスタイルなのはわかるんだけど。

このレビューは参考になりましたか?

猫丸先輩の空論

Posted by ブクログ 2008年10月29日

年齢・職業ともに不詳の童顔探偵猫丸先輩が、日常を本格推理する!
イラストレーターの家のベランダに毎朝決まって置かれるペットボトル、交通事故現場に集結させられた無線タクシー、密室状態のテントの中で割れ、散乱していた7個のスイカ……などなど不可解で理不尽な謎がすらりと解かれる推理の極み6編。

このレビューは参考になりましたか?