筋(すじ)を通せば道は開ける フランクリンに学ぶ人生の習慣
作者名 :

1巻配信中

価格 650円 (税込)

筋を通し、合理的に生きる人は強い。目先の利益に囚われず、易きに流れることもなく、大所高所から最も全体の利益が大きい選択を行う。この習慣の積み重ねが、周りの人からの確かな信頼、仕事における確かな成果、そして悔いのない人生をもたらす。そんな生き方を体現したのが、「アメリカ資本主義の育ての親」であり、実業家、政治家、科学者のフランクリンだ。印刷業者から身を起こした彼は100ドル紙幣にも描かれる偉人となり、M.ウェーバーの資本主義理論やD.カーネギーの人間関係術も影響を与えている。成功哲学の原点といえる存在だ。しかし彼の習慣は、誰でも実践できるシンプルなものである。「手帳を活用して『徳』を無理なく身につける」「相手を論破せず主張を通す」、「企画を立てる際はまず全体像を見通す」…。今こそ、本物の成功習慣を実践せよ!

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

筋(すじ)を通せば道は開ける フランクリンに学ぶ人生の習慣

Posted by ブクログ 2011年05月08日

「合理性を追求すること」「筋を通すこと」—ベンジャミン・フランクリンの人生哲学から、現代資本主義社会を生きる私たち日本人が歩みべき道を示す。筋を通して強く生きるため、徳を身につける習慣、確実な成果を得る成功習慣、確実な信頼を得る人間関係術を学ぶ。

自己啓発本が世に溢れていますが、これはかなり具体...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

筋(すじ)を通せば道は開ける フランクリンに学ぶ人生の習慣

Posted by ブクログ 2010年07月11日

フランクリンの自伝を元に、斉藤孝が生き方を説く。
資本主義の根本とは自分の天職を真っ当するという考え(カルヴィニズム)。だから自分を磨き、徳を積めばお金がついてくるし、逆にお金があれば信用を生み出す、というスパイラルになっている。

本の構成としては、第1章「「徳」を手帳で身に着ける」、第2章「確実...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

筋(すじ)を通せば道は開ける フランクリンに学ぶ人生の習慣

Posted by ブクログ 2010年04月11日

アメリカ建国の主要人物であり、実業家、政治家、科学者の顔も持つベンジャミン・フランクリンの自伝の活用本。
"座右のゲーテ"、"座右の諭吉"と同じく、人物エピソードや齋藤孝のウィットの効いた解説が面白い。

ベースキャンプ(仕事をする上での土台)を持て、公明正大...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

筋(すじ)を通せば道は開ける フランクリンに学ぶ人生の習慣

Posted by ブクログ 2018年02月20日

再読。 最初に読んだときはとても良い本だと思ってたけど、改めて読み返してみるとそんなに大した内容ではなかった。 正確には「良い内容だけど物足りない」といった感じかな。 フランクリン自伝を読んで自分でアンダーラインでも引いて読み返した方がたぶん参考になる。 まずこの本を読んだ上でフランクリン自伝を読ん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

筋(すじ)を通せば道は開ける フランクリンに学ぶ人生の習慣

Posted by ブクログ 2014年02月03日

巷にあふれる自己啓発書の原点ともいうべき『フランクリン自伝』から、齋藤孝がとくに興味深い内容を選び出し、そのエッセンスを著者自身の言葉で紹介しています。

手帳の活用法に関する本は数多くありますが、反復練習によって「徳」を磨くことを何よりも強調するという視点は、現代ではかえって斬新に感じます。精神論...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

筋(すじ)を通せば道は開ける フランクリンに学ぶ人生の習慣

Posted by ブクログ 2013年09月07日

100ドル札に描かれるベンジャミン・フランクリンがどんな人だかはよく知らなかったわけですが、単なる科学者とかではなくものすごく変わった人だったのだなというのが第一印象。筋を通す、というのが本のテーマではあるけど、その通し方は人それぞれ。いずれにしてもブレずにひたむきにやっていくことで自ずと結果はつい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

筋(すじ)を通せば道は開ける フランクリンに学ぶ人生の習慣

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月24日

齋藤孝が、アメリカ資本主義の父ベンジャミン・フランクリンの『自伝』をもとに、より良いライフスタイルを追求する内容。

「心の苦しさは、困難の多さではなく、
 困難をどれだけ整理出来るかによる。」
「途中で倒れても最優先の成果は残るようにする。」
「親切な悲観屋に惑わされるな。」
「楽がしたいなら苦手...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

筋(すじ)を通せば道は開ける フランクリンに学ぶ人生の習慣

Posted by ブクログ 2011年11月07日

お気に入りの齋藤先生の本。人生を歩む上で色々参考になる考え方がありました。ただ、結構著者の本を読んでいたため、同じような内容も若干存在しておりこの点数。

このレビューは参考になりましたか?

筋(すじ)を通せば道は開ける フランクリンに学ぶ人生の習慣

Posted by ブクログ 2011年10月10日

はじめからフランクリン自伝を読んだ方が合理的かも。読み進めるうちにこの一冊ではものたりなくなってきてフランクリン自伝に興味が移る。さらっとフランクリンを知る分には程よい感じ。

このレビューは参考になりましたか?

筋(すじ)を通せば道は開ける フランクリンに学ぶ人生の習慣

Posted by ブクログ 2011年07月16日

フランクリンというと凧と電気という科学者のイメージしかありませんが、己を律するスゴイ人だったのですね。現代にそのまま通用する思想と行動。考えを改め、見習います。

このレビューは参考になりましたか?