スージィこと内野智佳は、某国立大学工学部化学工学科の秘書。彼女の勤める大学周辺で暴行傷害事件が多発する。智佳の周辺でも不気味な出来事が続き、友人のルナも被害に遭っしまうが……。大学の工学部を舞台に、それぞれに秘密を抱えた6人の視点で連続殺人事件を追う、ちょっとフーガな新感覚ミステリィ。(解説は、コジマケン描き下ろしマンガ『俺様はネットワーカ』)

ジャンル
出版社
KADOKAWA / メディアファクトリー
掲載誌・レーベル
ダ・ヴィンチブックス
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

奥様はネットワーカ

Posted by ブクログ 2010年07月20日

例によって森氏の「シリーズ外作品」。

もの凄く複雑な構成の「実験的小説」。
登場人物6人の、モノローグだったり
客観だったりの短い章が積み重なり、
一つの「本筋」ストーリーが進んでいく。

またコジマケン氏のイラストがふんだんに入り、
何というか絵本のようなマンガのような
不思議な読書感。物語を読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

奥様はネットワーカ

Posted by ブクログ 2010年01月16日

タイトルが本質を表しています。
詩的な作品ですね。先入観にとらわれていたのでしょう。予想外でした。
人物以外の目線も素敵です。それに加えて読み終えた後、ゾクゾクした怖さもありました。

このレビューは参考になりましたか?

奥様はネットワーカ

Posted by ブクログ 2008年02月15日

6人+犯人X視点で進むミステリ。裏表紙のあらすじには‘ホラーな新感覚ミステリ’とあるけど、ホラー・・・うーん、サイコホラーな感はあるかも。トリックは判りやすくて気付いちゃうんだけど、ちゃんと意外な部分もある。面白いけど、読後感が爽やかとは云えない(^^;

このレビューは参考になりましたか?

奥様はネットワーカ

Posted by ブクログ 2014年11月19日

まぁいつものことなんですが、完全に騙されました。
次々と視点が変わるので気をつけないと、とは思っていたんですが。

このレビューは参考になりましたか?

奥様はネットワーカ

Posted by ブクログ 2013年06月29日

最後のどんでんがえしでは「まじか。」と
声をあげてしまいました。

でもどこか矛盾があるような気がするんだよなぁ・・

人物意外にフォーカスをあてている部分では、
つらつらと言葉がつづられており
これが森さんかと感じた

このレビューは参考になりましたか?

奥様はネットワーカ

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年05月16日

懐かしい。
まだ森博嗣さんのファンになる前に、雑誌『ダ・ヴィンチ』で連載されていた作品。
あの時はあまり興味を感じていなかった…私が『ダ・ヴィンチ』を毎月読む習慣がつき始めた頃で、物語も途中だったから読まなかった…まさかこんなにはまる作家さんになるだなんて想像もしておらず。

コジマケンさんのイラス...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

奥様はネットワーカ

Posted by ブクログ 2010年08月29日

久々の森さん!

かなーり読みやすい。
登場人物ごとに章?が細かく別れているので
ちょっとした合間に読むのにいいし
読書慣れしてない人でも読みやすいのでは。
イラストが可愛いし。
もちろん一気に読むも良し。

内容は、森手法とでもいいましょうか…笑。
6人中の誰だ誰だ?と思い、犯人の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

奥様はネットワーカ

Posted by ブクログ 2007年10月01日

表紙に惹かれて手に取った作品。まだ読み始めたばっかりだったかな・・・。
読んで雰囲気に惹かれたのを覚えています。

このレビューは参考になりましたか?

奥様はネットワーカ

Posted by ブクログ 2007年08月04日

6人の心情が描かれながら進んでいくストーリィ。トリックは最後まで気付きませんでした。ホラー調のミステリィ、随所に出てくる詩的な文章が雰囲気を出していて良かった。

このレビューは参考になりましたか?

奥様はネットワーカ

Posted by ブクログ 2007年06月18日

トリックは6人が一巡したところでわかってしまったけど、
それでも最後まで楽しく読めた。
軽いのはダヴィンチ向けだからかな。
ときどきはこういうのもいい。
最近は全体的に軽めになっていくようだけど。。。

このレビューは参考になりましたか?