エピジェネティクス入門 三毛猫の模様はどう決まるのか
作者名 :

1巻配信中

価格 1,296円 (税込)

三毛猫の三毛模様、アサガオの絞り模様…。遺伝子は同じでも、生物にはさまざまな外見や個性がある。これは遺伝子の働きを調整するエピジェネティクスによって偶然に決まっている。遺伝子を陰でダイナミックに操るしくみと、それによって生まれるさまざまな現象を解説し、病気との関係や新しい治療法開発の可能性を紹介する。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波科学ライブラリー
ページ数
112ページ
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

エピジェネティクス入門 三毛猫の模様はどう決まるのか

Posted by ブクログ 2018年12月22日

個性はどこできまるか?

1.遺伝子 ゲノムの多型
2.環境
3.エピジェネティクス:DNAの配列には変化を起こさないで、遺伝子の機能を調整する仕組み≒遺伝子の働きを抑える仕組み
 個体の生涯という一世代限りの時間・空間における遺伝現象
 
 アサガオのふいりや、三毛猫の毛並
 女性のX染色体の片側...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

エピジェネティクス入門 三毛猫の模様はどう決まるのか

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月18日

前々から気になっていたエピジェネティクス。遺伝子では無いが、とても重要な役割を担っているのだと耳にした時から気になっていた。DNAが設計図ならばエピジェネティクスは何とかかんとか。兎に角、もう少し実態を知りたいと思って買った本。その分量、僅か100頁足らず、もちろん「入門」のタイトルに惹かれて手が伸...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

エピジェネティクス入門 三毛猫の模様はどう決まるのか

Posted by ブクログ 2011年05月06日

新しい進化の考え方でもあるエピジェネティクスについて、実例を挙げながら解説した入門書。
研究者らしい淡々とした、文章に好感が持てる。

このレビューは参考になりましたか?