「なぜ犬は存在するのか?」

ニューヨーク誌のジャーナリストがラブラドールの雑種である愛犬ステラとの出会いから、その出自を追って世界中の研究者や犬にたずさわる人びとを取材したノンフィクション。

犬の歴史と科学から動物倫理まで、最新の犬研究が網羅された「犬学」入門書&犬好き必携の書。

ジャンル
出版社
CCCメディアハウス
ページ数
408ページ
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

犬が私たちをパートナーに選んだわけ

Posted by ブクログ 2014年07月19日

<犬とは人間にとってどのような存在なのか >

犬と人との関わりを歴史的・科学的・哲学的・政策的など、多面的に語るエッセイ。
犬について総合的に考える「犬学」への入門書ともなっている。
著者はジャーナリスト・編集者であり、比較的平易な読みやすい1冊である。
現代人にとって、特に犬を飼っている人にと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?