公金横領の罪で父が切腹、失意のうちに故郷を捨て、江戸で手習師匠となった神山慎吾。だが幽閉された当主の丹波守から遣わされた使者・加奈の言により、心ならずも暴政吹き荒れる修羅場へ舞い戻る羽目に。奸計、嫉妬の渦巻く中、奮闘する慎吾の前に明らかになった父の死の意外な真相とは!? 痛快時代長編。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
438ページ
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

手跡指南 神山慎吾

Posted by ブクログ 2014年01月10日

御家騒動から身を遠ざけるつもりが……という展開かと思ったら、本当に遠ざけてまたもどって、やる気になったらあっという間に三年が経っている。流されつついつの間にか話が進んでいる、そんな主人公。

このレビューは参考になりましたか?

手跡指南 神山慎吾

Posted by ブクログ 2017年11月08日

悪くは無いです。でも・・・・。
こうした飄々とした主人公が藩を立て直すというストーリーはチョクチョク見かけますね。山本周五郎にも有ったと思います。しかし、何かが足らない。
何となく主人公の造形が弱く、ただ回りに流されているだけと言う感じがするところが弱みですかね。
普通は飄々としていても、何か...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

手跡指南 神山慎吾

Posted by ブクログ 2012年05月06日

時代モノ長編
実在の人物の話ではなく なかなか面白かったと覚えています

・・が もう内容忘れてますね (^^;;

いつかまた読み返したいです

このレビューは参考になりましたか?