音に色が見える世界 「共感覚」とは何か
作者名 :

1巻配信中

価格 650円 (税込)

【複数色を使用したコンテンツです。モノクロ端末では一部読みづらい場合がございます。】一般の人々にとって「ミカンが黄色い」のと同じように、E音は青緑色に、F音は紅色に、著者には感覚される。単音だけでなく、和音や音楽全体にも、色や形を感覚している。「ある音楽の中では、私の前方三メートル付近で発生した青緑色の球形が、角が丸くなった黄土色の直方体になって私の右肩後ろ方向に進み、やがて背中を回って左手に現れ、そのときには群青色のカーテン状の揺らめきになっている、などということがある」(本文より)比喩や連想ではない。五感が混じりあった、未分化の世界。このような感覚世界を「共感覚」と呼ぶ。本書では、当事者の視点から、共感覚とはどういうものなのかを解説する。さらに、古語や和歌の考察などを通して、日本文化の原風景が共感覚的であったことを明らかにする。本来、人間の基本的な感覚であったはずの共感覚とともに、現代人は何を失ってしまったのか。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

音に色が見える世界 「共感覚」とは何か

Posted by ブクログ 2013年09月01日

共感覚を、近代以前の日本男性は持っていたのではないかと考えている著者。著者は共感覚と呼ばれるもののほぼ全てを持っている。日本文化を背景としての共感覚が面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

音に色が見える世界 「共感覚」とは何か

Posted by ブクログ 2014年08月29日

授業中に声に色がついているという学生がいたときに買った本。共感覚者の日常面白話ではなく,数少ないという男性共感覚者が成長してきた過程,言語と共感覚の関係,ヒトという種の機能としての共感覚が述べられている。

このレビューは参考になりましたか?

音に色が見える世界 「共感覚」とは何か

Posted by ブクログ 2011年11月14日

著者は共感覚保持者の一人。
それも音や文字に色が見えるどころか、女性を見ると黄朽葉色の帯をまとったようなもの見えたりと、あらゆるものにそれぞれの色を感じるといいます。

「感じる」といっても、例えば同じ重さの白と黒のボールを持ったとき、なんとなく黒のほうが重く感じる「異種感覚連合」や、女性の甲高い声...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

音に色が見える世界 「共感覚」とは何か

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年11月12日

共感覚をもっとしりたくて、題名が良かったので読みました。
共感覚者が書いた本なので、解りやすい面もあった。(世界がどのように見えているかなど)
著者が伝えたい事と私が知りたい事が一致しなかった。

このレビューは参考になりましたか?

音に色が見える世界 「共感覚」とは何か

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年04月21日

[ 内容 ]
一般の人々にとって「ミカンが黄色い」のと同じように、E音は青緑色に、F音は紅色に、著者には感覚される。
単音だけでなく、和音や音楽全体にも、色や形を感覚している。
比喩や連想ではない。
五感が混じりあった、未分化の世界。このような感覚世界を「共感覚」と呼ぶ。
本書では、当事者の視点から...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

音に色が見える世界 「共感覚」とは何か

Posted by ブクログ 2010年02月04日

共感覚というものを知って興味を持って読んだ本。
「音に色が見える」、「文字に色が見える」という感覚は、非共感覚者の自分にも比較的理解しやすい気がした。
古語や他外国語にも言及している点が興味深いと思った。

このレビューは参考になりましたか?