世界の海上に続発する奇怪な海難事故。長く、紡錘形で、ときに燐光を発し、クジラよりはるかに大きく、異常な速力をもった“なぞの怪物”が目撃されていた。調査に向かったパリ科学博物館のアロナックス教授たちは、ついに日本近海で、この怪物に遭遇する――自由と海を愛するネモ船長と、超潜水艦ノーチラス号に導かれ、海底に展開する大冒険。いまよみがえるヴェルヌ不滅の名作。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
592ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

気球に乗って五週間(ジュール・ヴェルヌ・コレクション)

Posted by ブクログ 2014年03月03日

解説にあがた森魚。
ファーガソンを止められず、結局巻き添えになるケネディ…。
日本にも風船で出かけたままの冒険家がいらっしゃる。
凡人には味わえない景色を観られたのであろうなあ。
物語は無限である。

このレビューは参考になりましたか?

チャンセラー号の筏(ジュール・ヴェルヌ・コレクション)

Posted by ブクログ 2010年04月09日

実話を元にした、海で遭難する人々の話。勇気と誇りと絶望の、手に汗にぎるサスペンス。一息で読めてしまう感じ。今まで観たあらゆるサスペンス物語の中で一番いい。

このレビューは参考になりましたか?

海底二万里(ジュール・ヴェルヌ・コレクション)

Posted by ブクログ 2017年03月31日

シーンの8~9割が海底で潜航艇に乗っている。魚の描写が多い。海なし県に住んでいるので魚の描写が全然ピンとこない。そのため面白く感じなかった。
主役は孤独なネモ船長。結局ネモ船長の謎は明かされずに終わる。

このレビューは参考になりましたか?

氷のスフィンクス(ジュール・ヴェルヌ・コレクション)

Posted by ブクログ 2012年11月12日

「南緯49度のケルゲレン島で、ジョーリングは帆船ハルブレイン号の乗客となった。だが、船はさらに南を目指す。この"地の果ての島”の先には、氷と寒さと危険に満ち、人間の立ち入りを拒みつづける荒涼たる南氷洋が広がる。剛毅果断な船長に率いられ突き進むこの船は、何を探し求めているのか・・・・・未踏の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

チャンセラー号の筏(ジュール・ヴェルヌ・コレクション)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年10月15日

ベルヌの取材力、想像力には毎回驚かされる。思ったよりも客観的に読むことができるが、最後の淡水を飲む場面は息苦しい展開の後だけに読者側にも体中に水が行き渡る感覚を味わうことができるのではないでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?

海底二万里(ジュール・ヴェルヌ・コレクション)

Posted by ブクログ 2012年06月07日

無性に冒険ものをよみたくなったが、どれが読みたいかというのはなかったので、とりあえずヴェルヌかと思って…

このレビューは参考になりましたか?

チャンセラー号の筏(ジュール・ヴェルヌ・コレクション)

Posted by ブクログ 2006年01月27日

ジュール・ヴェルヌの書いた海洋サバイバルもの、とでも言えばよいだろうか。
大西洋上で炎上した快速帆船チャンセラー号の乗員と乗客は、筏で漂流することになるが……
「ヴェルヌ」というだけでジュブナイルと思ってはいけない。

このレビューは参考になりましたか?

チャンセラー号の筏(ジュール・ヴェルヌ・コレクション)

Posted by ブクログ 2017年11月07日

ベーコンを奪え。

救いがあると、結局「救い」あるのか~なんて残念な気持ちになってしまうのが不思議。

このレビューは参考になりましたか?

二年間のバカンス 十五少年漂流記(ジュール・ヴェルヌ・コレクション)

Posted by ブクログ 2007年08月25日

ジュール・ヴェルヌ・コレクションがそそられるのと、邦題が原題通りなのと、巻頭にチェアマン島の地図がついているところで、こちらを。しかしどちらかというとわたしは角川文庫訳のほうがすきだ。

このレビューは参考になりましたか?

征服者ロビュール(ジュール・ヴェルヌ・コレクション)

Posted by ブクログ 2005年11月15日

海底2万里の空バージョンともいうべき話.プロットもほとんど同じで不思議な空飛ぶ機械にさらわれた一般人とその不思議な機械(飛行機)の船長との旅物語.この話が書かれた当時にはまだ飛行機などは発明されていなかったのに,その物理的特徴をみごとにとらえているのがすごい.ただ海底2万里ほどの印象がちょっと残らな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?