※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

遊びに必要な要素とは? 人がハマる仕組みとは? 数々の名作を生み出したゲームクリエイター・遠藤雅伸が放つゲームデザインの極意! 「面白い」の概念から、具体的なゲームへの応用まで、ゲーム設計の理論と実践を徹底解説。秘伝のノウハウが満載の一冊!

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
ページ数
376ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継

Posted by ブクログ 2014年09月21日

すばらしい。最近読んだ本の中では一番面白いかも。最初の二つくらいの講義はあんまり基本的過ぎていまいちだったんだけど、歴史とかきちんとしてる。ゲームつくりも大変そうです。

このレビューは参考になりましたか?

遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継

Posted by ブクログ 2014年01月04日

シナリオライターだけでなく、SEやPGや営業さんにも読んで欲しい一冊!

ゲームデザインの本なんだけど、「ものごとのしくみ」を考えるための方法論を解説している本だと思うと、また別の視点から読める。

特に、ゲームバランスをユーザーの心理を読み取りながら設定していく手法なんかは、まんま、普通の商品のマ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継

Posted by ブクログ 2012年08月30日

 ゲームを作る側からの視点で描かれているのでただ単にやる側としての自分の立場があまりにも軽すぎるのに申し訳ない気持ちになってしまう。

 作る側と言ってもあまり込み入った話は出てこないのでさらりと読むことはできるし、そちら側に足を踏み入れたいなどと軽く考えてしまうのも調子よすぎか?

このレビューは参考になりましたか?

遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継

Posted by ブクログ 2013年12月15日

ゲームデザインに関する本というと、ルールの作り方・レベルデザインの方法・プログラミングについてなどの内容を想像すると思う。
確かにそれらについても丁寧に書かれており、間違いではない。
しかし、この本では「ビジネスとしてのゲームの作り方」という視点が入っており、非常に勉強になった。
版権物の企画の売り...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継

Posted by ブクログ 2013年01月21日

本質的なことを中心に分かりやすく説明してくれてる。
具体例は20年前くらいのゲームを出しているから、それらを知っている人はスムーズに読める。

このレビューは参考になりましたか?

遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継

Posted by ブクログ 2014年10月20日

前半はゲームデザインをする際に考えるべきこと、後半はゲーム史を交えつつ、ゲーム種類ごと、ゲーム要素ごとの概説。読みやすいし、高みにある人の俯瞰性を感じる。少し自分の好みや意見が強く出たりする部分もあるが、それも含めて面白い読み物。

このレビューは参考になりましたか?

遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継

Posted by ブクログ 2012年09月16日

本書は、ゲームを作りたいと思っている若者に対しての圧倒的な量の知識の洪水を浴びせかけています。1959年生まれの筆者は日本にゲーム業界が出来ていく歴史のど真ん中にいて(なんたって、あのゼビウスの作者!)、今も先頭に立っている人のようです。具体的なヒット作を事例に取りながら(脚注に出てくるゲームの膨大...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継

Posted by ブクログ 2012年08月25日

ゲームデザインのすごく根本的なところを体系的に学べるいい教科書だと思います。働いていると体系的に学ぶって案外できないもんだと思います。自分みたいにゲームを作らない人には…参考になね部分はあるけど、退屈な部分も多かったです。

このレビューは参考になりましたか?

遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継

Posted by ブクログ 2012年05月19日

ゲームを作る時ってこういうことを考えながら作るんだぁ、とか、
ゲームの仕組みってこうなってるんだぁ、とか、
おもしろい話題が結構入っている。

いっぽうで、半分くらいは、興味が持てないどうでもいい話だったりする。

あとは、硬い文体と砕けた文体が入り交じってて読みにくい。
ところどころ、『感じの悪い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?