孔雀城――無頼の少年たちは、自分たちの寝ぐらをそう呼んだ。戦争直後の東京、焼けくずれた工場の跡地である。隠匿物資を盗み出し、闇市で売りさばくことを覚えた良文とその仲間にとって、最大の敵は浮浪児狩りと暴力団だった。幼い良文は野獣のように生き抜いてゆく。「老いぼれ犬」高樹の壮絶な少年時代。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 傷痕 老犬シリーズ1
    通常版 1巻 540円(税込)
    孔雀城――無頼の少年たちは、自分たちの寝ぐらをそう呼んだ。戦争直後の東京、焼けくずれた工場の跡地である。隠匿物資を盗み出し、闇市で売りさばくことを覚えた良文とその仲間にとって、最大の敵は浮浪児...
  • 風葬 老犬シリーズ2
    通常版 2巻 540円(税込)
    刑事となった良文は、抜群の検挙率をあげた。ある夜、連続殺人事件の捜査で、少年時代の親友・幸太に会い、彼が事件に関係していることを知った。いつものように走り、獲物を追う。その結果手に入れた真実...
  • 望郷 老犬シリーズ3
    通常版 3巻 540円(税込)
    「因果な癖だ。臭いものには必ず首を突っ込む」高樹はつぶやく。平凡な事件だった。やくざの抗争、男が殺され、犯人は自首。だが、定年間近な「老いぼれ犬」高樹警視は、そこに不審な影を見る。大胆な捜査...

傷痕 老犬シリーズ1

Posted by ブクログ 2012年05月25日

“老いぼれ犬”シリーズが全般的に好きだったので、その締めくくりとして作られた完結編3部作(傷痕→風葬→望郷)も無論お気に入りで ^^ 中でも異色な1作目であるこの物語が一番心に残っている。
終戦直後の焼け野原“東京”を舞台にして、親の居ない子供たちが文字通り生き残る為に知恵を絞り、汚い大人と渡り合い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

傷痕 老犬シリーズ1

Posted by ブクログ 2007年09月11日

北方謙三のいくつかの作品にバイプレイヤーとして多々出演している高樹刑事の少年時代を描いた作品。

いや〜、ハードボイルドという作風とはキャラクター小説であると改めて感じた作品でした。高樹刑事がいつも口笛を吹いている“老犬トレー”それの原点がわかる作品というだけではなく、また戦後の暗黒時代を描いただけ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?