八王子の郷士出身で今は研ぎ師の荒金菊之助(あらがねきくのすけ)は、浪人に絡まれていた千代(ちよ)を助けた。聞けば、亭主に離縁されたのだという。一方、菊之助の従兄弟で臨時廻り同心の横山秀蔵は、妹の敵(かたき)を討ちに長崎から出て来た島原松平家の元家臣・立花縫之助を救う。助けた二人の糸が偶然繋がり、「敵」の真の姿が浮かび上がったとき、菊之助の人情剣が煌(きらめ)く! 大好評シリーズ第14弾。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

縁むすび~研ぎ師人情始末(十四)~

Posted by ブクログ 2010年09月12日

第十四弾
久しぶりに続編として読むが、あまり物語の展開としては変わってないか?
登場人物も相も変わらず、大した内容でないが、そこそこには引っ張られていく。暗く、陰惨でないのがほっとするのか?

このレビューは参考になりましたか?