反物屋の主が集金帰りに襲われて、三十両奪われた。その辻強盗は逃げる途中、船頭を刺殺していた。荒金菊之助(あらがねきくのすけ)と妻・志津(しづ)は、従兄弟の臨時廻り同心・横山秀蔵(よこやまひでぞう)から頼まれ、殺された船頭の年端も行かない娘を預かる。だが、一向に埒が明かない下手人捜しに、菊之助は助(すけ)として事件を追う。親探し、喧嘩の仲裁と人情味溢れるおせっかい男が八面六臂の大活躍。好評第10弾。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

親子の絆~研ぎ師人情始末(十)~

Posted by ブクログ 2012年11月23日

人情始末シリーズ(十)

犯人ってあんたかい!
拍子抜けですが、物語の人たちになじみが出てきたので
読むのは楽しいです

このレビューは参考になりましたか?