『死都日本』の石黒耀が描く、富士山噴火!富士山の地下で、怪しげな低周波地震が頻発。そしてついに噴火する富士山。被災地・御殿場市の住民を救うことはできるのか? クライシスノベル第3弾! (講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
616ページ
電子版発売日
2014年02月07日
紙の本の発売
2011年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

富士覚醒

Posted by ブクログ 2016年10月26日

富士山が噴火する。そこまでの様々な立場の人たちの思惑が面白い。古代の日本と神話の話は事実?いざ噴火した場面でも、スピード感あり、とてもスリリングだった。

このレビューは参考になりましたか?

富士覚醒

Posted by ブクログ 2012年03月06日

自然科学シミュレーション小説としては最高傑作だった。考古学の謎を火山の噴火の歴史に結び付けた話の展開は、論理的で推測の域を出ないものの納得のいくものだった。知的興奮の味わえる一作だった。

このレビューは参考になりましたか?

富士覚醒

Posted by ブクログ 2016年05月06日

石黒耀の自然災害サバイバルシリーズ。
富士山麓の御殿場で古から富士山の言い伝えを守る神社に住む親子が主人公。
不老不死の伝説などが絡みながら進んでいく、ちょっとファンタジックな面もあります。

本作は続編が出ているそうです。
子供たちが大きくなり成長した姿が描かれるのかな。

このレビューは参考になりましたか?

富士覚醒

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月14日

≪あらすじ≫
富士山の麓で中国の『徐福』の棺を発見する
富士山が噴火して御殿場市に火砕流が襲う
噴火の中から主人公の男女を救出して終了
後編へつづく、、、らしい、、、

≪感想≫
全体の半分以上が富士山にまつわる歴史とそれに絡めた神話と仮説だった。
加えて、徐福の発見はフィクションながら、徐福と富士...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

富士覚醒

Posted by ブクログ 2017年03月22日

パニック、シュミレーション小説かと思いきや、
富士信仰、日本古代神話まで出てきて、私としてはかなりウハウハしました。
徐福伝説なんてもう本当に堪らない。

日本一の山ですもの。
沢山の逸話が無い方がおかしいですね。

想像していたものとは違ったけれど、私はこれで大満足!

記念すべき登録数千冊目の本...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

富士覚醒

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年12月28日

富士山噴火をシミュレーションしたパニック小説。

「死都日本」「震災列島」に続き緻密な取材、研究、予測に基づいた内容で、富士山が噴火する可能性や噴火したらどうなるかという部分は相変わらず引き込まれる。

今回は半分以上が火山神伝説や、宮下文書、古代史の蘊蓄などに割かれており、冗長で退屈な部分が多かっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

富士覚醒

Posted by ブクログ 2014年11月03日

それは、そこにある近い未来の話かもしれない。
富士山が噴火し、大火砕流が御殿場を直撃。
日本は東西に分断される。
その時、本書にあるように避難が成功することを、心から祈りたい。

このレビューは参考になりましたか?

富士覚醒

Posted by ブクログ 2012年06月03日

『死都日本』『震災列島』に続く、日本が舞台のディザスターノベル第三弾。

3.11の東日本大震災後に文庫本として出たので、巻末の「解説」、「著者あとがき」共に、東日本大震災に言及しています。特に、「著者あとがき」では、『死都日本』で使用済核燃料貯蔵プールの危険性に付いて記した点について言及し、福島第...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?