あの女が戻ってきた途端…謎の女お吉の正体は? 明治初年の横浜を鮮烈に描いた意欲作。御薬師様の日に瑠璃の前に現れた伝説の女・お吉は、横浜と瑠璃の周囲に黒い噂を振りまいて、ある日、忽然と消えた。お吉が本当の母なのか? 母・紀代とお吉には、どんな関係があるのか? 瑠璃の心は騒ぐ。

ジャンル
出版社
講談社
ページ数
226ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

横濱 唐人お吉異聞

Posted by ブクログ 2015年08月16日

文明開化を匂わせる時代モノ。それでいて甘くて切なくて、女の悲哀まで表現していて、まるでロマンそのもの。はまった。

このレビューは参考になりましたか?

横濱 唐人お吉異聞

Posted by ブクログ 2011年12月07日

舞台は明治初期の横浜で、年頃の娘、瑠璃が主人公。口うるさい母親との関係がギクシャクしている時に母親の昔の知り合い、吉が現れ、嵐を巻き起こす。最終的にはハッピーエンド。個性が強くて女性に嫌われそうな吉だが憎めない。
途中で瑠璃はこっちの男性選べばいいのにと思ってしまった私。見る目がない。修業が足りませ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

横濱 唐人お吉異聞

Posted by ブクログ 2011年04月08日

無口で無愛想、厳しい母親と何となくうまくいっていない娘である主人公の瑠璃。
ある日、出会ってしまった一人の女、「お吉」。
時代の波と噂に振り回され、瑠璃は母との溝をさらに深く広げてしまう。
女同士、母娘など、思いが複雑に絡み合う味わいのある1冊でした。

このレビューは参考になりましたか?