肩の力を抜いて、もっとラクに生きる方法、教えます。

仕事・就職・人間関係などで無理をしていませんか?我慢したり、頑張りすぎると、
心はどんどん苦しくなって、すり減ってしまいます。「心がボロボロ」と感じるときに
必要なのは、これまでの自分を認め、自分にとって最も自然な形の生き方に変えていくこと。
難しい人間関係の対処法など、対人関係療法の第一人者がアドバイスします。

ジャンル
出版社
さくら舎
ページ数
213ページ
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

「心がボロボロ」がスーッとラクになる本

購入済み

良かったです。

めぐみ 2017年05月31日

心を読まれてるかのような本でした。
優しい口調で、落ち着いて読めました。
タイトルで気になって読んで見て良かったです。

このレビューは参考になりましたか?

「心がボロボロ」がスーッとラクになる本

Posted by ブクログ 2017年03月26日

心がボロボロになったのは頑張りが本物だから。頑張っていなければボロボロになったりしない。ボロボロなのは限界(自分の限界、他者の限界)があることを認めないから。人は常に今できることはやっている。なんだか慰められました。

このレビューは参考になりましたか?

「心がボロボロ」がスーッとラクになる本

Posted by ブクログ 2013年11月20日

仕事に就くことの悩みをここまではっきり書いてる本に初めて出会いました。
自分のことが書かれているようでした。
泣きました。

そっと心に寄り添ってくれる本です。

このレビューは参考になりましたか?

「心がボロボロ」がスーッとラクになる本

Posted by ブクログ 2018年06月15日

疲れて疲れて困っちゃったなーというときに手にした一冊。水島先生の本はどれも優しい語り口と偏りのない視点で疲れた人の心に寄り添ってくれます。「心がボロボロ」なのは「頑張っているから」ではなく「頑張りすぎの状態だから」というのが新鮮でした。健全な頑張りは心にとってもプラスになるんだなあ。現状を認めないと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「心がボロボロ」がスーッとラクになる本

Posted by ブクログ 2013年03月04日

心がボロボロになっている、あるいはボロボロになりそうな人に向けた、考え方や生き方を変えていくヒントが詰まった本。
心がボロボロになっている方は、例外なく、頑張ってきた人。頑張ってきた自分をねぎらってあげましょう。そして、本書を読んでも「心のボロボロ度」がちっとも改善しない場合には、自分の「足りないと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「心がボロボロ」がスーッとラクになる本

Posted by ブクログ 2017年11月13日

人は皆ベストを尽くして生きている。人に優しくするように自分にも優しくしようという考え方は良いが、自分を肯定してくれる人に話を聞いてもらおう等、そんな他人が居たら苦労はしないと思える記述も。

このレビューは参考になりましたか?

「心がボロボロ」がスーッとラクになる本

Posted by ブクログ 2017年10月09日

精神科医の書いた本です。
「あぁ、この人、分かってくれてるなぁ」って安心感を覚えました。
でも、
「じゃあ、どうすれば?」というところは、
少し弱いように感じました。

日々淡々。
そんな言葉が浮かびました。

このレビューは参考になりましたか?

「心がボロボロ」がスーッとラクになる本

Posted by ブクログ 2017年02月15日

まあ、なんとかなるだろう。そう思えない時は失敗の衝撃が和らぐまで待てば良い。
もしも同じことが他人にも起こったら、自分はなんと言ってあげるだろうか。
他人評価よりも自己評価、未来を恐れるよりも目の前のことに集中する。
自分を大切にしていこうと思えば、何をするかと考えて、どれほど努力しても足りないと思...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「心がボロボロ」がスーッとラクになる本

Posted by ブクログ 2013年11月23日

「うわ、ありそう〜」というケースが次々に出てきて、そういうときどう考えればいいか、どう行動したらいいかを考えます。なかなか参考になり面白いです。

ただ、文中にもハッキリ書かれているのですが、既にうつ病の状態に陥っている人ではなく、その手前の「心がボロボロ」ではあるものの未病の人向けです。タイトルで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「心がボロボロ」がスーッとラクになる本

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月11日

以下引用。ためになりました。

一般に、いじめは、「違和感のある人」に対して行われるものです。

気づかぬところでメンツをつぶしていることも

「自分は嫌われている」と考えるのと、「自分は相手を不安にさせている」と考えるのとでは、大きな違いがあります。

「To Do List」ではなく「To Be...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?