輝矢はいつも友だちや家族にささえられていると思っていた。でも、山小屋で輝矢は、おじちゃんや家族をささえているじぶんを知った。森の木ぎ、動物や植物、そして家族の心を知るようになった。小学校中級から。

ジャンル
出版社
くもん出版
ページ数
123ページ
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ぼくとおじちゃんとハルの森

Posted by ブクログ 2012年03月27日

山の自然がすがすがしくて、気持ちのよい本でした。
読んでいると、自分のいろんな悩みや考えが洗われるような、「心の洗濯」気分です。
友だちや学校での人間関係。大人からみれば何でもないようなことでも、本人にとっては、心に重くのしかかってしまう。そんなことってありますよね。
モリおじさんの山小屋は、そんな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?