ぼくは、じったんに料理を習って、ママの誕生日に、オムライスをつくることにした。料理を教えてくれながら、じったんは、ぼくが知らなかった、ママが子どもだったころのことを話してくれた。ママが好きなオムライスには、とてもすてきな秘密があった。小学校中級から。

ジャンル
出版社
くもん出版
ページ数
117ページ
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

じったんのオムライス

Posted by ブクログ 2015年06月17日

元料理人のおじいちゃん(じったん)と一緒に小3の「ぼく」が料理に挑戦します。「ぼく」は途中で投げ出してしまうのですが、そのときじったんが・・・。

このレビューは参考になりましたか?

じったんのオムライス

Posted by ブクログ 2013年09月13日

じったんのような存在が身近にいるのは羨ましいことです。
料理じゃなくても洗濯や掃除など生きていくために必要なことを教えてくれる大人は貴重です。
兄弟が良いライバル関係であることも。
こういう風な環境で子どもが育っていけるのが理想だと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

じったんのオムライス

Posted by ブクログ 2012年10月12日

豆カレー、おいしそうです。
小3の「ぼく」がじったん(=おじいちゃん)に料理を教わるんだけど、中々本格的です。じったんも厳しく指導してます。
でも、まぁ土鍋でご飯が炊けなくてもいいけど、小学生でも普通に電気ジャーでご飯くらい炊けた方がいいよね。
気になるのは、お父さんの影が薄いこと。
最後の挿絵でお...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?