日本人の名字は30万以上あるという。世界一の多さを誇る。なぜこれほど多くの名字が生まれてきたのか。同じ漢字圏の韓国は300、中国でも3000ほどだから、日本は突出している。そのなかでも大姓となった名字とは? そのルーツを知れば、個別認識のための考え方がわかり、名付けられた意味に納得。つながりから日本人の歴史が見えてくる。都道府県別の大姓が物語る、県民の発展してきた人脈の流れとは? 自分たちの一族の祖先がどこでどう生きてきたのかが浮き彫りになる、日本の歴史が自分のものになる一冊。

ジャンル
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
じっぴコンパクト
ページ数
320ページ
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

日本人なら知っておきたい名字のいわれ・成り立ち

Posted by ブクログ 2012年07月03日

C0236 友人、知人の多い人は楽しめると思います。構成ですが、五十音順にして欲しかったです。で、都道府県別のデータは表にすると見やすいかと。

このレビューは参考になりましたか?