就職浪人生・鬱野たけし。人と食事するのは好きじゃないし、たいして食に興味もない…。鬱々とした想いの中で日々、ひとりめしを食う。 読むと食欲が失せるアンチグルメ漫画!

ジャンル
出版社
秋田書店
掲載誌・レーベル
ヤングチャンピオン烈
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 鬱ごはん 1
    通常版 1巻 540円(税込)
    就職浪人生・鬱野たけし。人と食事するのは好きじゃないし、たいして食に興味もない…。鬱々とした想いの中で日々、ひとりめしを食う。 読むと食欲が失せるアンチグルメ漫画!
  • 鬱ごはん   2
    通常版 2巻 540円(税込)
    孤独な青年・鬱野たけし。定職も仲間も無いけれど、そこまで辛い悩みもない。生きるためとりあえず毎日食べる、ただただ冴えない一人メシ。
  • 鬱ごはん   3
    続巻入荷
    通常版 3巻 540円(税込)
    腹は減るから何かしら食べる。そしてたまには旅にもでる。とくに贅沢でも、悲惨でもない、いつも通りの一人メシ。鬱野たけし、20代から30代へ。精彩に欠けつつも、変わらぬ毎日……。

鬱ごはん 2

Posted by ブクログ 2016年11月22日

「孤独のグルメ」とは逆に、食べることを楽しめない主人公鬱野クンの淡々と食に対する思いを巡らしながら食べるというマンガの2巻目。

このレビューは参考になりましたか?

鬱ごはん 2

Posted by ブクログ 2016年08月19日

一巻よりいっそう際立つ主人公の小心者ぶりが身につまされます。自虐的なつぶやきはもはや哲学的な響きを帯びています。

このレビューは参考になりましたか?

鬱ごはん 1

Posted by ブクログ 2013年06月01日

最近にわか流行りのオシャレぶってるグルメ漫画とは明らかに一線を画している。というより元からそれらの仲間になろうとはしていない。だって鬱だもの。
ごはんを食べるというだけなのに無闇矢鱈と理屈をこねてヨブ記とかダンテとかゲシュタルト崩壊とか七つの大罪とかまで出してくる、これはもうただの「一人ごはん漫画」...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

鬱ごはん 1

Posted by ブクログ 2013年05月03日

都会でひとり暮らすウツノくんがごはんを食べることについてのお話し、
料理つくる趣味があるわけでもなく
チェーン店の外食やコンビニものがほとんど、
ジャンクフードを美味しくするウンチクが載ってるわけでもない(使えそうなネタも無くはない?)マンガでした。
かと言って不味い食事をすることをウツノくんが受け...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

鬱ごはん 1

Posted by ブクログ 2016年06月26日

最初はご飯のことに縛ってるので共感もできるが、段々と、単に、意地っ張りで卑屈過ぎるために損をしてる若者の日常だと気づく。

このレビューは参考になりましたか?

鬱ごはん 1

清々しいほどシンプルに

とと 2016年01月19日

うぜえええええええええええええええええ

このレビューは参考になりましたか?

鬱ごはん 1

Posted by ブクログ 2014年03月14日

他人事として読んでいれば、くすっと笑える。
でも、自分と重ねて見ちゃうとちょっと切ない、だけどあるあるネタでやっぱり笑っちゃう。
毎日のご飯、手間を考えたらやっぱりめんどくさいけど、こういう風に鬱々と考えてる人がいるんだなぁって思ったら、それもいいかなって。笑

このレビューは参考になりましたか?

鬱ごはん 1

Posted by ブクログ 2013年05月31日

「孤独のグルメ」とは逆に、食べることを楽しめない主人公鬱野クンの淡々と食に対する思いを巡らしながら食べるというマンガ。

同じ考えがよぎることもあり、個人的には好き。

このレビューは参考になりましたか?

鬱ごはん 1

Posted by ブクログ 2013年05月17日

 レジを打っていて非常に気になったので購入。自分の現在と絡めながら見ているとお腹の真ん中あたりがキューとなって、これから食べるメシが非常にまずくなりました。

 食マンガの逆を行く作品。普通は食を扱う作品ならば最大限食べ物の美味さを描いていくと思いますが、この作品はまったくの逆。メシを最大限悲惨なも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

鬱ごはん 1

Posted by ブクログ 2013年05月01日

そう、言葉なのだ!旨そうに喰うマンガもあれば、本作のようなうだうだ言ってるマンガもある。が、しかし!ひとり飯のときに立ち昇る言の葉こそ金言!激しく惹かれてしまうのだよなぁ。

主人公の食に対するスタンスも大変チャーミング。
「食を楽しめない」と言ってはいるけど、作成工程は苦ではないみたいですし、むし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?