中国四千年の時空を行き来する旅の唄うたい・夜烏。彼が見た稀代の毒婦・則天武后、四大美人の一人・王昭君らの真の姿とは…!?

ジャンル
出版社
秋田書店
掲載誌・レーベル
プリンセスGOLD
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

旅の唄うたいシリーズ 2

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年11月15日

「旅の唄うたいシリーズ」の2巻目でしたけど、あんまり夜烏の出番はなかったかな?

始皇帝と呂不韋、李斯と韓非、司馬遷のお話でしたけど、始皇帝って兵馬俑くらいしか知らなかったから、これはこれで楽しめました。

呂不韋が鬼畜かと思いきや、国に残してきた政に食べ物を届けたりして、意外に子思いなところがある...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

旅の唄うたいシリーズ 4 傾国-唐の楊貴妃-

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年10月03日

旅の唄うたいシリーズの完結巻ですが、微妙。
楊貴妃と玄宗皇帝のお話とか劉備と徐庶のお話とか、結構好きなお話だったんですけど、結局夜烏の話っていったのかなぁって思いました。

夜烏の話なしで、中国の故事のお話だけでもよかったなぁって思いました。

このレビューは参考になりましたか?

旅の唄うたいシリーズ 3

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年07月15日

中国史の中にある女性って、かなりアクが強くてものすごい残酷な悪女のイメージが強いですが、呂后はその筆頭ですね。劉邦が死んだあと、側室の四肢を切り落として厠に飾った話は有名です。(さすがにその絵はなかったですが)

ただ、呂后の過去の話を知ると、あんなダメダメの劉邦によくここまで仕えられたのか不思議な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

旅の唄うたいシリーズ 3

Posted by ブクログ 2013年06月19日

長池とも子さん昔から大好きなんですよね~。中華題材漫画といえばこの人って気がするw
唄うたいシリーズは中国史に登場する人物についての漫画だけど、今回は特に呂后の話が良かった。
悪女悪人でも最後はそれらにも優しい理由がつけられるので、読後感もいい。
クセの強い絵柄(そこが好きなのだけど)なので、アレ、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

旅の唄うたいシリーズ 1

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年02月14日

野狐の夜烏が、中国のいろんな歴史上の人物の元に訪れて、その真実の姿を見るというお話。

個人的には、王昭君の話が好きだったかなぁ。匈奴に嫁ぐところまでしか書かれてませんでしたけど、もうちょっと先の話も見たかったです。
武則天の話とかは有名だし、いろんなところで同じような状況の話は見ますけど、やっぱり...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?