螺旋階段の下をのぞきこむときのあの一瞬の眩暈。目を閉じて、今一度その奥底にみたものを反芻してみる。誰もが自らの魔性を感じる瞬間だ…。神戸。とあるレストランで、1人の美女が男を誘うかのようなたたずまいをしていた…。そして男とベッドを共にしたその女は、あろうことか自分の夫を迎えに寄越すのであった。そして物語は螺旋階段のごとくあらぬ方向へ…ぐるりと回り始めていく…。表題作の他、短編5作を収録。望月玲子先生のミステリー傑作選!

ジャンル
出版社
オフィス漫
ページ数
296ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。